読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪魔には悪魔を

悪魔には悪魔を

悪魔には悪魔を

作家
大沢在昌
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-04-19
ISBN
9784620108520
amazonで購入する

ジャンル

悪魔には悪魔を / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

大沢 在昌は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、著者版ランボーでした。面白くなくはないですが、クィー(ベトナム語で悪魔)という割には、敵が弱すぎ、ショボすぎでした(笑) 本書で5月は読了です。 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210419/se1/00m/020/001000d

2021/05/31

KAZOO

大沢さんがまた新しい主人公をつくりだしたようです。双子の兄弟の片割れということで裏の麻薬取締官として潜入捜査を開始します。いろいろ言いたいことはありますが、エンターテイメントとして楽しませてくれました。主人公の経歴からするとかなり修羅場を潜り抜けてきたこともありかなり強く安心して読んでいられます。続きも期待したいですね。

2021/10/06

うののささら

昔は警察とヤクザ仲良くやってたが、外国人が入ってきて複雑になってきたな。東南アジアの韓国、ベトナム人は野良犬食べてるくらいならいいけど犯罪多すぎるな。あんまり入れないで欲しい。捜査の情報を流して小銭を稼ぐ警察官。ばれてももみ消されるので後をたたない。弟が犯罪に巻き込まれているか知りたい親族をおとりに犯罪捜査をする警察。やれやれの内容でした。

2021/07/20

ゆみねこ

20年ぶりに帰郷した双子の弟加納将は、潜入捜査中に失踪した兄・良に代わって麻薬密売組織に潜入する。(悪)は誰なのか?今回一番気になった登場人物は、警視庁の女性刑事・大仏!彼女を主役にシリーズにならないかな?ラストはあっさりだけど面白かった♪

2021/07/22

nana

500頁越えで躊躇ったけど会話文が多く読みやすかった。潜入捜査、どきどきしたスリルを感じながら一気読みできた。

2021/06/03

感想・レビューをもっと見る