読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブラック・チェンバー・ミュージック

ブラック・チェンバー・ミュージック

ブラック・チェンバー・ミュージック

作家
阿部和重
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-06-21
ISBN
9784620108544
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブラック・チェンバー・ミュージック / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

阿部 和重は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。タイトルと表紙からピンク・フロイド的な音楽小説かと思いきや、伊坂幸太郎的、緩い国際謀略ラブストーリーでした。面白くなくはないですが、著者にはもっと高いレベルの作品を期待しています。 https://mainichibooks.com/books/novel-critic/post-480.html

2021/07/05

Y2K☮

七夕の夜に読了した珠玉のラブストーリー。北朝鮮のあの一族やドナルド・トランプが実名で登場する。著者の持ち味である社会の裏の生々しい描写も健在。軸は「ダ・ヴィンチ・コード」風の実話風なサスペンス冒険活劇だが、登場人物が敵も味方も頭に映像が浮かぶほど濃い(特に天知は過去最大級に強烈だった。タランティーノの映画に出てきそう)。伊坂幸太郎寄りのキャラ造形。「キャプテン・サンダーボルト」の共作を通じて学んだのかな。これを映画にするのはたぶんムリだけど小説ならできる。阿部和重が作家になってくれて本当に良かった。名著。

2021/07/07

tetsubun1000mg

初読みの作家さん。麻薬で逮捕され保護観察中の元映画監督に、新潟のヤクザが一人の女性とややこしそうな依頼を押し付けるところから始ま。 北朝鮮指導者とトランプ大統領が劇的に会談をスタートしたり、何びく諜報機関が実務レベルの協議を始める。 前半は調査する理由も押し付けられた女性(ハナコ)の事も全くわからずに展開していくのだが疑問がいっぱい?? やくざ同士の抗争に巻き込まれ、監禁される暴力シーンも満載なのだがテンポが良いのでドンドン進んでしまう。最後ではそれまでの仕込みを回収しスッキリとおさまり後味が良い読後感。

2021/07/30

チェアー

一気読み必至のノンストップノベル。 終盤に明かされる種明かしがあまりにもバカバカしくて、なんでこんなことに命をかけてるんだろうと思うのだけど、これももちろん狙いなのだろう。 背景がシリアスすぎるとつらすぎて重くなってしまうのかな。ヤクザの沢田のキャラが立っていて、全体を引っ張っている。肝腎のラブストーリー自体は、互いが惹かれ合う過程がいまひとつ納得いかないので、そこは割引。 章立てもなく、ただただ一気読ませる力はすごい。

2021/07/16

読書熊

途中、中弛みするのかと思いきや、後半は一気呵成。お見事な物語でした。

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る