読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋ふらむ鳥は

恋ふらむ鳥は

恋ふらむ鳥は

作家
澤田瞳子
出版社
毎日新聞出版
発売日
2022-07-04
ISBN
9784620108575
amazonで購入する

恋ふらむ鳥は / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

澤田 瞳子は、新作中心に読んでいる作家です。飛鳥時代の歌人・額田王は知っていましたが、その物語を読むのは初めてです。 タイトルと主人公から、嫋やかで雅な恋の物語かと思いきや、骨太な政争中心の歴史小説でした。村田涼平の絵が雰囲気を醸し出しているので、もっと沢山掲載して欲しかった。 https://mainichi.jp/koifuramu/

2022/08/29

シナモン

動乱の飛鳥時代を生きた額田王の半生を描く。563ページ、歴史小説ということもあって読むのにエネルギーが要りました。読み終えた今、達成感でいっぱいです。親子、兄弟、夫婦…いくつもの縁がもつれ合った宮城で自分の生きる場所を守るために懸命だった額田王。「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」の場面ではぶるっと身震いでした。そして最後まで珠羅の消息が気になって…。こんな時代もあったんだよな。里中満智子さんの歴史漫画「天上の虹」を読み返したくなりました。

2022/08/07

のぶ

飛鳥時代の皇族にして歌人の額田王の半生を描いた作品。560ページ超に及ぶ大作だが、日本書紀にしか記載がなく、謎めいた人物をこれだけ見事に描いたことは本当に凄いと思う。額田王は子まで成した大海人王子と別れ、その兄、葛城王子の仕切る宮城で宮人として勤めに勤しんでいる。一人の人間として、歌詠みとして生きる道を模索するも、世は戦乱の真っ只中、多くの血縁者の死を目の当たりにして、心中どんなだったか想像は難しい。それにしてもこの分かりづらい時代をよくこれだけの物語にしたものだ。澤田さんにしか書きえなかった一冊。

2022/07/13

とろとろ

額田王(ぬかたのおおきみ)の話。7世紀の壬申の乱の前後に宮廷に仕えた歌人として紹介されるが、その出自は日本書紀にただ1行表記されるだけでその他は全く不明である。このたった1行の記載と万葉集に残る歌からこれだけの話を想像(創造)するということは、作家として至福の時間だったのではないかと思える。ただ、読者にとっては、この時代、NHKの「鎌倉殿」以上に権謀術数の渦巻く時期で相応の基礎知識が必要。作家が読者にそれを求めているのではないかとさえ勘ぐってしまう。でなければ、この物語、途中で諦めてしまうこと必須かと…。

2022/08/28

pohcho

額田王の半生。二人の王子から愛された女性の話になるかと思いきや、宮人という仕事に邁進。女性が誰かの妻、母、娘としてしか生きられなかった時代に、誰にも頼ることなく生きようとした稀有な女性として描かれる。倭国を変えようとした葛城(中大兄)王子、中臣鎌足の献身、流されやすい大海人王子とその恐るべき妻・讃良。綾なす人間模様に魅了されたが、中でも、僧侶になった百済の民・知尊(結構悪どい)が印象的だったし、初めは感じの悪かった漢王子も人間味あふれる人物でよかった。動乱の時代を生きた人々が描かれ群像劇としても圧巻。

2022/07/26

感想・レビューをもっと見る