読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

作家
中村文則
出版社
毎日新聞出版
発売日
2018-11-07
ISBN
9784620210230
amazonで購入する

ジャンル

あなたが消えた夜に (毎日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

信じられないだろうが、中村さんのご本を読んで声を出して笑ったんだ、このわたしが。何度も、何度も。導入部分だけ見れば「ミステリー」、ただし本質はそこではない。連続通り魔事件をめぐり、所轄刑事・中島と、捜査一課の女刑事・小橋。ふたりの掛け合いだけでグイグイ読まされる。登場人物の多さといくつかのキャラ被りで読みにくい部分もあったが、筆者独特の「人の闇と病み」そして「神とわたし」の縦糸と横糸が見事なハーモニーを紡ぐ。とにかく小橋刑事が素晴らしい。一生ついて行きたい。

2020/08/07

遥かなる想い

無表情な「コートの男」連続通り魔事件を追う男女の刑事の物語である。 捜査の過程で 浮かび上がる男女の闇が おぞましい …「めぐみ」に関わる男女の壊れた心 … 著者は何を描こうとしたのだろうか? 現代に生きる男女の壊れた狂気が怖い …そんな作品だった。

2020/07/12

のり

連続殺傷事件が起こり捜査に乗り出す「中島」と「小橋」のコンビ。目撃情報もあり犯人像が浮かび上がるが…コートの男と世間でも騒がれ、模倣犯まで各地に現れる始末。混迷する世。機微な心理。歪んだ思い。人はここまで壊れられるのか。重苦しい闇を覗かされた。中村作品、満喫しました。

2019/04/15

JKD

謎だらけの連続殺人事件を追う中島&小橋刑事。ちょっと込み入った捜査と人間関係に翻弄されつつ第三部に突入。そこから本編の狂気と闇が渦巻き錯綜する驚愕の世界にどっぷりハマり夢中になって途中何度も読み返しました。本書のタイトルもセンスいいと思います。

2019/02/02

タカユキ

素晴らしいラストに泣きました!中村さんの文章が刺さります。ある町で突如発生した連続通り魔殺人事件。所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は「コートの男」を追う。そして事件の真相が明らかになっていくにつれ普通に犯人が解って終わるという物語ではないことに気づかされる。そしてタイトルの「あなた」とは誰を指すのか?圧巻の狂気と人間ドラマが描かれている。「あなた」がいないから?なのか「あなた」がいたからなのか?子供時代の悲しい体験は人格に影響を及ぼす。誰もが心に空洞がある。殺人をするという事を考える事が出来た一冊

2018/12/11

感想・レビューをもっと見る