読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

14歳の君へ―どう考えどう生きるか

14歳の君へ―どう考えどう生きるか

14歳の君へ―どう考えどう生きるか

作家
池田晶子
出版社
毎日新聞社
発売日
2006-12-23
ISBN
9784620317885
amazonで購入する

「14歳の君へ―どう考えどう生きるか」のおすすめレビュー

「自分らしく生きなさい」の“自分らしく”ってなに? と子どもに聞かれたら答えられますか?

『14歳の君へ どう考えどう生きるか』(池田晶子/毎日新聞社)

 思春期のお子さんをもつお母さん・お父さん、あなたがたのお子さんは「生きていることは、つらいことだ」と思っているかもしれません。「あなたらしく生きればいいのよ」、「お前が好きなことをやったらいい」——そう声をかけてあげることだって、ときにはあるでしょう。

 しかし、残酷ですがお子さんが求めているものはそういったことではないかもしれません。「自分のやりたいことを」とはいいつつも現実ばかり見ている大人たちがかける言葉にうんざりしている可能性もあります。

 彼らはその場しのぎの陳腐な言葉を求めているのではありません。彼らが真に欲しているのは、意識的であれ無意識であれ——これから自分たちが歩んでいくはずの社会について考えるための道具なのです。

 まさにその道具を与えてくれたひとりの哲学者がいました。その哲学者が多感な時期にある青少年のために書いた『14歳の君へ どう考えどう生きるか』(池田晶子/毎日新聞社)を、本稿では紹介していこうと考えています。

■「個性的な人になりなさい」 「個性的な人になりな…

2018/9/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

14歳の君へ―どう考えどう生きるか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テクパパザンビア

内田樹さんの本や思考の整理学も自分なりに読みこなせたので簡単そうな『14歳の君へ』に果敢に挑戦したが壁は高かった。どう考えどう生きるか、54歳の私なりに考えて幸福な人生を生きていきたいです。

2017/01/06

団塊シニア

どう考えどう生きるかが作者の永遠のテーマである、中学生向けの作品で意見、道徳、宗教、お金、自然について書かれてるが大人が読んでも勉強になる人生哲学である。

2015/11/07

よこしま

考えれば知ることができる。◆お亡くなりになった池田晶子さんのロングセラー。実際に読んでみて数字が逆の41歳でも少し考えされられる内容です。彼女が述べていることは多少の考えの違いはありますが、概ね筋が通っています。◆「××××年、○○戦争」教科書に書いてあっても役に立たない。どうして戦争が起きたのか?今自分がいるのは過去の全ての歴史から成り立つ。故に全てを直視して考えるのが大切であると訴えてくれています。◆その上で家族という小さな社会から、人生や世界のことなど色々な意見を聴きながら考えばヒントが見えます。

2015/08/17

てながあしなが

読むのが遅すぎた。誰もが考える「宗教」「哲学」「自由」などのトピックごとに、哲学者である著者が語りかけるように解説を加える、連作エッセイのようなもの。とてもクリティカルなことを分かりやすく説いているんだけど、いかんせん14歳とはかけ離れた人が読むもんだから、持て余してしまった。これ、もともと新聞連載だったのか。だとしたら、すごくいいものが載っていたんだなぁと感心。

2017/05/27

抹茶モナカ

14歳の思春期の少年少女に向け、書かれた「哲学エッセイ」。平明な文章で書かれているが、難しい部分もあった。自分が生きている不思議、大切なものは自分の内面にあるという事について、言葉を重ねる。思春期に出会っていたら、何か変わっただろうか、と、考えてみて、読んでも僕には理解できなかったのではないか、というのが強い印象。哲学的センスが欲しくて、簡単な気がするタイトルだったので、読んでみたけれど、43歳を目前にしてもこの本のレヴェルでも肩が凝る僕なのでした。

2017/01/26

感想・レビューをもっと見る