読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談

信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談

信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談

作家
中村うさぎ
マツコ・デラックス
出版社
毎日新聞出版
発売日
2016-11-23
ISBN
9784620324234
amazonで購入する

信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

お2人の往復書簡は何冊か読んでいますが、これは人生相談なので対談方式になっていて2人のその回答がとても面白く、相談事にツッコミを入れながらも的を得てるというか、いい加減に答えてないところが、お人柄を感じさせます。サンデー毎日に寄せられた相談は下は14歳から上は80歳近くまで。その内容がまた本気でこんなこと言ってるのか?と思うものから、割と切実なものまで様々です。自分たちの芸風をそのまま売りにしてるところもあるけれど、博識だなと感心することが多かったです。

2017/02/06

あきちゃん

なかなか、こんな風に潔くなれないなぁと思いながらも、気持ちよく読みました。多彩な悩み事も、気の持ちようで前向きになれるんですね。

2017/10/12

ちゃも

最後までなんでこのタイトルなのかいまいちわからなかったけど、面白かった。会話形式で進んでいくからサクサク読めて良い。お二人の気負わない軽やかな会話文が見ていて楽しかった。お悩み10はまさか浮気の話だと思わず、びっくりした。まじで?恋愛がらみになると途端に慰謝料の話になるのも面白かった。世の中お金。自分だけにある知識を独占する「何者か」でありたいのでは、という言葉は確かにと思った。あと、飛ばし記事の話も興味深かった。ちゃんと取材をしているかと思えば半分くらいは記者の想像や予想だったとは…。

2021/08/30

なにょう

うさぎさんが暴走しがちなのをマツコさんがうまく御する。★うさぎさんのイジメに対する見解が一理ある。いじめる方にも劣等感、抑圧されたものがあって、その鬱憤を他者にぶつけるんでないか。そういうコンプレックスをきちんと解放して、あげられる大人の不在がイジメの一因じゃないかって。いじめる方にも話しを聞いてみないとならないって。そうだ、そうだ。厳罰化は為にならないって。抑圧が進んで余計にこじれるって。

2019/07/19

ひろろん

今流行りのマツコさんと、辛口のうさぎさんが、相談者のお悩みをバッサバッサとぶった切って行くところがおもしろかった。でも、冷たい感じじゃないんです。なるほど、そういう考え方もあったかと言う目から鱗状態。人のふり見て我がふり直せ的な感じも、私はしました。

2017/08/01

感想・レビューをもっと見る