読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空洞のなかみ

空洞のなかみ

空洞のなかみ

作家
松重豊
出版社
毎日新聞出版
発売日
2020-10-24
ISBN
9784620326467
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

空洞のなかみ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

いつから松重さんが好きだったのか…気付いた時には画面の中の松重さんを追っていた気がする。今は専らゴローちゃん?猫村さん?バイプレーヤーズの松重さん?色んな役をこなされてすっかり【全国区】の俳優さんになった感じ。そこで『物書き松重豊、誕生!』の帯に誘われて手にした。リズム良く引き込まれた!短編12話は役者ならではの視点が面白い。プロローグとエピローグが繋がるのが上手い。カバーは始め何だろう?と思ったがなるほどね~だった。エッセイ25編も楽しく読んだ。挿絵も好い。又どこかで読みたいエッセイだった。

2021/01/17

タカユキ

ちょっとびっくりしました。まさに、この人にしか書けない小説。先入観なしに一度読んでほしい。エッセイと短編小説と合わせた一冊。役者のリアリティが嫌味のない軽い自嘲と共にテンポよく綴られた快作。若い頃から実際にどんな役でも演じてきた著者だからこその説得力を持つ。小説とエッセイの二部構成。フィクションの楽しさとノンフィクションならではの可笑しさの両方を味わえる。所々内容がリンクしているのでどちらから先に読んでも面白い。無限に読者を楽しませてくれる。孤独のグルメのセリフを彷彿とさせる語り口。章ごとの挿絵も魅力的!

2021/01/05

びわこっこ

孤独のグルメで主人公ゴローさんを演じる俳優、松重豊著の短編小説12編とエッセイ25編が両方読めるお得本。読友さんのナイショ!が気になって買ってしまった!表紙の絵は孤独のグルメ繋がりで予想していた通りだったが、空洞の中身が気になって読んでみた。「無」と「空」は違うと僧は説く。京都の太秦撮影所近くにある広隆寺で見た仏像「弥勒菩薩半跏思惟像」に関連していたとは! 俳優さんでありながら、なかなか奥が深い!

2021/02/01

pohcho

俳優・松重豊さんのエッセイ、と思って読み始めたら、前半はまさかの書き下ろし短編(12編も!)でびっくり。ご本人を思わせるような俳優が主人公のどこか白昼夢のような話。春の緊急事態宣言中に執筆されたとのこと。すごい。後半は週刊誌連載のエッセイ。苦労人で生真面目で一本筋が通っていて、見たまんまの方なんだなあと思った。「孤独のグルメ」をこれからも楽しみにしている。あべみちこさんの美味しそうなイラストもよかった。

2021/01/25

R

俳優によるエッセーと、簡単にまとめられる本ではなかった。まさかのSF小説もあり、それを下地にした、あるいは逆だったのかもしれない、エッセーで語られていることと微妙にリンクしていて面白かった。小説というよりも、小話、あるいはショートショートといった趣だけども、俳優業というもの、その中の人だからこそ見えるものが描かれていたように感じた。出世作となった孤独のグルメの話も面白いけど、若い頃のこと、これまでの俳優歴が興味深かった。

2021/02/01

感想・レビューをもっと見る