読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考

コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考

コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考

作家
辺見庸
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-04-19
ISBN
9784620326832
amazonで購入する Kindle版を購入する

コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

コロナ時代のいま、哀しいかな、「生は特権化された人々の権利にすぎない」のかもしれない。貧しき人びとは、にもかかわらず、コロナの死線を越えて日々働きつづけなければならない。でなければ、今日を生きながらえることができないからだ(本文より)コロナ時代については多くはなかったが、「間違った戦争」を認めようとしない首相、「傍観者効果」の怖さ、どこまでも「善」を求められる天皇、やさしさの裏の怖さなどいろいろなことを考えさせられた。難しいかな、と思ったけどとても読みやすかったです。

2021/08/15

hasegawa noboru

2014~2021年3月月刊誌に連載されたエッセイの集成。時事に触れて綴られた思考の書。警句に満ちる。暴走をかさねる自民党現政権、それをゆるし支える社会と民衆「非言語系の共同体「世間」」のこと、介護老人保健施設に通い始めた自身の老いのこと、天皇について、死刑制度について、新型くるってきたかをコロナ禍の情勢について、等々。底なしの気鬱と絶望と憤怒をもって、躰で語る辺見庸の姿勢は不変だから、時代がどれほど狂ってきたかを教えてくれるようだ。共感をもって同意する。が、じじー世代の繰り言として無視され冷笑されていく

2021/05/16

田中峰和

辺見庸は変わった人である。共同通信社のエリート記者から芥川賞までとっているのに、50代半ばで日雇い労働者に転身。空疎で無責任な言葉が嫌いなのだろう。この本には戦争法からコロナまでの7年間の思いが綴られている。民主主義から国際情勢、憲法から天皇制、東京五輪とコロナ問題など、思うところを縦横無尽に語っている。「『天皇主義』宣言と思想的退行」の内容は日教組教育を受けた世代には得心できる。明仁天皇夫婦の人気は絶大で、その波に乗る知識人まで宗旨替えして天皇崇拝者になる。これを思想的退行と呼ぶ辺見はさすが筋金入り。

2021/07/18

kentaro mori

久しぶりの時評集。辺見庸はいつだって変わらない。変わってしまったのはぼくたちだ。いつの間にか奴隷になってしまった、そしてそれに何の疑問ももたなくなってしまったのだ。読むといつも反抗心をかきたてられる。永遠の不服従のために読む。⚫️わたしたちはいま、なにものかにあからさまに弾圧されているのではない。わたしたちの乏しい内面が、わたしたち自身を執拗に抑圧しているのだ。まるで真の不幸をのぞむかのように。

2021/04/16

ぺんぐぃん

著者の作品は「もの食う人びと」しか読んだことがなかったが、熱い思い、怒りがダイレクトに伝わってくる。これほどまでに日本を憂い、現政権に反対し、戦争責任、天皇制、高齢者問題等、吠えまくっていた。世の中みんなが違和感に反対の声を上げず、政権与党にぬるく洗脳されているんじゃないかという恐怖を共有した。「オリンピック、戦争、天皇には勝てない」という半世紀前に実在した飲んだくれデスクの言葉が重い。著者のような論客も、今の時代軽んじられてしまうのだろうか。真剣に日本の未来を心配しているんだけどなぁ。

2021/05/26

感想・レビューをもっと見る