読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まさかの日々

まさかの日々

まさかの日々

作家
中野翠
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-12-13
ISBN
9784620327181
amazonで購入する Kindle版を購入する

まさかの日々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いづむ

私の個人的年末の風物詩、まとめて1年分の中野翠さんのコラムを読むこと。今年は表紙の雰囲気が変わって一瞬動揺したけれど中味は変わらず。気になっていたあれこれに対する好悪や好奇心や違和感が、なんとなく感覚の近い(と勝手に親近感を抱いている)中野さんの手で言語化される気持ちよさを今年も堪能できました。映画に関しては、私は全然見ずに過ごしてきたけれど、コロナ禍でも色々な良作が公開されてたんですね。また映画館や劇場にも行きたいな。

2021/12/15

ナオ

これを年末に購入して、「今年も終わるんだなー」としみじみしたり、 とりあえず、この本を買うだけの心と財布にヨユーがあったなーと思う、私にとっての年末本。 サンデー毎日で連載のコラムを一冊にまとめたものです。 一昨年の10月から去年の10月までのものなので、やっぱりコロナとオリンピックがメインな感じ。 私にとって文章のリズムが心地よくいつまでも読んでいたい本です。 来年もこの本を買える私でいたいです

2022/01/07

Decoy

中野翠のコラム単行本を読むのも、30年近く続く年中行事。同じ話の繰り返しや、当たり障りのない内容が増えているようにも感じるが、現実が気が滅入るようなことばかりだから、あえて避けているのかも。コロナ禍で、映画の話が減っているのが、ちょっと残念。

2022/01/04

みつひめ

年末恒例となっている中野翠さんのクロニクルブック。今年もいろいろあったなぁ。と同時に、それって今年だっけ?とか、そんな事件があったのか⁉️とか、その本、読みたい❗️とか、読みながら自分のこの一年を思い返すきっかけになった。折に触れてツボちゃんのことを書いてくださっていて、あー、私だけじゃないんだな、と。

2021/12/27

感想・レビューをもっと見る