読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マチネの終わりに 下

マチネの終わりに 下

マチネの終わりに 下

作家
平野啓一郎
ホリプー
出版社
毎日新聞出版
発売日
2020-04-25
ISBN
9784620780139
amazonで購入する Kindle版を購入する

「マチネの終わりに 下」のおすすめレビュー

「結婚した人は、人生最愛の人ですか?」福山雅治主演で映画化した『マチネの終わりに』のコミカライズ完結!

『マチネの終わりに』上・下(平野啓一郎:原作、ホリプー:漫画/毎日新聞出版)

「マチネ」は、オーケストラやバレエなどの舞台でよく使われる言葉である。フランス語で「朝」「午前」という意味だ。反対に「夕方」「夜」のことはフランス語で「ソワレ」と呼ぶ。舞台は昼と夜に分かれて行われることが多いので、昼の公演は「マチネ公演」、夜の公演は「ソワレ公演」と銘打たれることが多い。

 累計50万部を超えた小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)は、作家・平野啓一郎さんの代表作の一つになった。38歳のクラシックギタリスト蒔野聡史(まきのさとし)と、40歳のジャーナリスト小峰洋子(こみねようこ)の悲しくも美しい恋愛小説だ。小峰のフランス人婚約者リチャードや蒔野のマネージャー三谷早苗(みたにさなえ)も登場し、四角関係が織りなされる。

 2019年11月に映画化。蒔野に福山雅治さん、小峰に石田ゆり子さんがキャスティングされ、再び本作は脚光を浴びた。

 実はその前に、『マチネの終わりに』は漫画化もされていた。

 2019年10月4日、コミックアプリ「ebookjapan」で順次公開…

2020/6/18

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

マチネの終わりに 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Twakiz

And now, at the end of the matinee, I will play one more melody - a very special melody...for you. 自分も蒔野さんのように弾けたらなぁ・・・.この作品はやっぱり三谷早苗が陰の主役ですね.下巻での彼女の表情,なかなかいいです.

2020/12/15

感想・レビューをもっと見る