読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

現代精神医学の概念

現代精神医学の概念

現代精神医学の概念

作家
ハリー・スタック・サリヴァン
中井久夫
山口隆
出版社
みすず書房
発売日
1976-05-01
ISBN
9784622021919
amazonで購入する

現代精神医学の概念 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

emuuwaii

初期型や緊張型の統合失調症状態からの2つの転帰のうち〈妄想型的展開〉の部分を中心に再読。妄想の体系化と安全保障感について。緊張病状態や統合失調症初期の被害妄想的色調と妄想型的展開では「”観念内容と食い違った”感情生活」が後者で見られるのが相違点という指摘。調べ物でしたが興味深く読みなおしました。

2012/07/02

emuuwaii

なんども読み返している本。「自己の対人関係の自覚と精神の健康は平行関係にある」という言葉が印象的。説明概念までは「理論」がまずあってそこから説明が広がる感じを、最後の治療概念は生の臨床経験を活かして述べている感じを受けました。治療のために環境をいかに最適化し活かしていくか、現在の視点からも考えるよう促されているように感じました。

2010/06/21

Rottoo1236

サリヴァンの捉え方が概観できる。難解な部分も少なくないが、文体・表現ともに斬新でかつ論理的に書かれているため、非常に理解が深まる。「解釈が過剰」などに代表される正鵠を得た鋭い指摘がちりばめられ、それらを拾いつつ現代にあてはめて考えながら読むのもたのしい。

2012/11/26

枕流だった人

1986/8/5 7刷

感想・レビューをもっと見る