読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三ギニー (ヴァージニア・ウルフコレクション)

三ギニー (ヴァージニア・ウルフコレクション)

三ギニー (ヴァージニア・ウルフコレクション)

作家
ヴァージニア・ウルフ
Virginia Woolf
出淵敬子
出版社
みすず書房
発売日
2006-08-11
ISBN
9784622045076
amazonで購入する Kindle版を購入する

三ギニー (ヴァージニア・ウルフコレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mawaji

東京医大女子原点問題の報道の最中にツイッターで目にしたので手に取りました。「どうしたら私たちは戦争を未然に防げると考えますか」という問いにまつわる書簡形式のエッセイは「教育ある男性の娘たち」の理不尽さを、男性中心の家父長制や大学教育・就職とその報酬の問題点についてかなりアイロニカルに綴られていて、80年前の出版ですが今の時代にも通じるところが多々あるようです。「女性は『できそこないの男性』であるとする潜在意識の女性観」というのは、生物の発生のデフォルトはメスという生物学的事実を鑑みると滑稽にすら思えます。

2018/09/01

セレーナ

3ギニーで何ができるか。戦争防止への協力要請の手紙への返信という趣である。この人は本当に理路整然と語る。頭にきちんと地図が備わっているようだ。こんなふうに営業されたら思わず買ってしまうだろう。頭のいい人だ。そしてこんなに賢い人でも女性であるだけで下に見られる。給金での差別もある。身分の差もある。正直現在の日本の状況だと思った。二次大戦の足音が聞こえている中の作品であるが、三次大戦の気配をそこはかとなく感じながら読んだ。

2018/06/30

Masayuki Shimura

【三つの役割、一つの目的】月並な言い方になってしまいますが、いろいろと考えさせられることの多い作品でした。書簡による返答という形式をとっていることからも明らかなように、戦争を防ぐということに対して理路整然とした考え方が打ち出されている一冊というわけではないのですが、著者の並々ならぬ熱意と情念は読み手にはっきりと読み取れる作品です。

2018/03/21

感想・レビューをもっと見る