読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サン=テグジュペリ デッサン集成

サン=テグジュペリ デッサン集成

サン=テグジュペリ デッサン集成

作家
山崎庸一郎
佐藤 久美子
出版社
みすず書房
発売日
2007-04-24
ISBN
9784622072836
amazonで購入する

サン=テグジュペリ デッサン集成 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tera。

迷いに迷って連れて帰った一冊だったけど、決断して正解だった。私の知らないサン=テグジュペリがイッパイ詰まっていた。少年時代のデッサンから行方不明になる直前に描かれた水彩画まで、本当に色んな紙に様々な手法による彼の絵が500点近くも掲載されている。日本でも一番有名であろう「星の王子さま」のデッサンやクロッキーも多数あり、それらが手帳の1ページや何かの紙の裏に描かれている事が興味深いし、このような形で保存されていた事が嬉しい。個人的にはモロッコ第37飛行連隊の「仲間たち」を描いた木炭のコンテがお気に入り。

2014/09/09

明果

字は読まず絵を見た。 花の咲く丘にたつ人を何枚もかいてた。おしゃれ!

2013/04/08

いよ

ボリュームがすごい。家族や友人への手紙にも絵が描かれてたり、手帳にもサラサラッと描いてたり。彼の描く線が好きで。飛行士、作家、画家...どれにも当てはまるけど、全部引っ括めて「詩人」ていう言葉が一番しっくりくるなぁと思った。ユーモアのあるデッサンやキャラクターから詩や物語が浮かんできそう。彼の描く線って私の理想なんです。

2011/07/18

感想・レビューをもっと見る