読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

失われてゆく、我々の内なる細菌

失われてゆく、我々の内なる細菌

失われてゆく、我々の内なる細菌

作家
マーティン・J・ブレイザー
山本健太郎
出版社
みすず書房
発売日
2015-07-02
ISBN
9784622079101
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

19世紀に始まる細菌学によって、人類は微生物が病原になりうることを知った。そしてカビに殺菌力が見出される。抗生物質の発見である。以来この薬は無数の命を救う一方、「念のため」「一応」と過剰使用されてきた。これは、抗生物質は仮に治療に役立たなくても「害」は及ぼさない、という前提に基づいている。しかし、それが間違いだとしたらどうなのか――。人体にはヒト細胞の3倍以上に相当する100兆個もの細菌が常在している。つまり我々を構成する細胞の70-90%がヒトに由来しない。こうした細菌は地球上の微生物の無作為集合体ではなく、ヒトと共進化してきた独自の群れであり、我々の生存に不可欠だ。構成は3歳くらいまでにほぼ決まり、指紋のように個々人で異なる。その最も重要な役割は先天性、後天性に次ぐ第三の免疫である。しかしこの〈我々の内なる細菌〉は抗生剤の導入以来、攪乱され続けてきた。帝王切開も、母親から細菌を受け継ぐ機会を奪う。その結果生じる健康問題や、薬剤耐性がもたらす「害」の深刻さに、我々は今ようやく気づきつつある。マイクロバイオーム研究の第一人者である著者は、この問題に対して実証的に警鐘を鳴らすとともに、興奮に満ちた実験生活、忘れがたい症例や自身の腸チフス感染などを通じて、興味深いが複雑なマイクロバイオームへの理解を一気に深めてくれる。その案内人とも言えるのがピロリ菌だ。19世紀にはほぼ全ての人の胃にありながら、21世紀の今は消えつつある。そのピロリ菌の本態に迫ることは、マイクロバイオーム全貌解明への指標となりうるかもしれない。

失われてゆく、我々の内なる細菌 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やいっち

抗生物質は有効だが、的確に処方しないといけない。そうでないと、ターゲット以外の必要な、あるいは無害な細菌をも駆逐しかねない。近年の微生物を中心とする生物学は、我々人間に限らず、多くの多細胞生物は微生物(細胞)の海に漂っているという認識を強めている。  今や抗生物質に限らず除菌剤など、薬漬けの我々。日本もいよいよアメリカ並みに、肥満やアレルギー症状、自閉症、などなどの抗生物質の過剰投与に由来する、マイクロバイオームの異変という事態が本格化する。

2017/03/23

ロア

ここまで解明されているのに、なぜ医療現場は変わらないのかな?(*゚ω゚*)

2018/01/24

ちーたん

非常に重要なことが書かれており、大急ぎで読みました。抗生剤を知らない間に摂取してしまっている私の体は、もう手遅れのような気がします。医者で薬を出されるときは、よく話し合った方がいいですね。知らない間に抗生剤を飲んでしまい、大事な菌まで殺してしまうだろうから。安いお肉を食べても同じです。太らせるために抗生剤を餌に入れてますから。

2016/11/14

ケニオミ

非常に有益な本でした。人類との共生期間の長いピロリ菌は、人類と持ちつ持たれるの関係を築いてきたが、胃炎や胃がんを起こす原因として排除の対象となった。しかし、排除することで、喘息などのアレルギーになりやすくなるなど負の結果が見られるようになった。同じように、子供の頃から抗生物質を多用することで、糖尿病などのなりやすくなるばかりでなく、常在菌を殺すことで、危険な細菌の増殖を招き、死に至るケースもあることが分かった。抗生物質の使用は最低限にしてきたが、その方針が正しいことがよく分かる本でした。一押しです。

2015/09/30

NORI

抗生物質の過剰な使用によって、身体内にある細菌を攪乱させてしまう。これが現代の若者に肥満、若年性糖尿病、アレルギー性疾患などをもたらしてしまう危険性を含んでいる。これからの医療は安易に抗生物質を選択しないような仕組みづくりが必須だなと思いました。日本はどうなんだろう?

2017/02/08

感想・レビューをもっと見る