読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究

クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究

クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究

作家
西條剛央
出版社
山川出版社
発売日
2021-03-03
ISBN
9784634151864
amazonで購入する

クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

本質行動学による大川小学校事故の研究—質的研究法SCQRMによる科学的構造化と提言 大川小学校の事故の謎に迫るー事故の構造化 あの日の校庭ー構造化による概念・カテゴリーの生成 事故の構造 10の謎の解明―構造から導き出されるなぜへの回答 あの日、何を最優先にすべきだったか 大川小学校事故の事後対応マネジメントの研究 大川小学校の校庭を支配した超正常性バイアス 教員組織のクライシスマネジメントー事なかれ主義 事故対応のクライシスマネジメント―組織、教育、社会の不条理に対抗する本質行動学の視座

2021/03/28

感想・レビューをもっと見る