読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒッタイトに魅せられて: 考古学者に漫画家が質問!!

ヒッタイトに魅せられて: 考古学者に漫画家が質問!!

ヒッタイトに魅せられて: 考古学者に漫画家が質問!!

作家
大村 幸弘
篠原千絵
出版社
山川出版社
発売日
2022-11-14
ISBN
9784634151901
amazonで購入する

ヒッタイトに魅せられて: 考古学者に漫画家が質問!! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

SFと歴史好きにとってソラホトは大好物のマンガなので、その作者とヒッタイト研究の泰斗の対談は実に楽しく面白かった。古代トルコ史に惹かれた理由や作品発表までの事情、遺跡発掘の現状から最新の研究動向まで、ヒッタイトが好きで好きでたまらない2人が縦横無尽に語り尽くす熱気が伝わってくる。特に発掘にまつわる人間臭い事情についてはエジプトの話は多くの本に書かれ広く知られているが、トルコ関係は情報も乏しかったため渇きを癒してくれた。旅行会社がヒッタイトツアーを企画してくれるなら、ぜひ本書を片手にアナトリアを再訪したい。

2023/01/08

あっか

新刊。ときめかしい〜。天河きっかけでヒッタイトに興味を持ちトルコやエジプトが好きになったわたしのような民(笑)は必読!大村先生の遺跡発掘のお話ばかりではあるけれど、天河の物語と度々リンクしたりシーンやキャラを思い出す記述が出てきたりして嬉しくなります。遺跡発掘ってすごいな…そんな場に日本人として何十年も携わっているなんて本当に凄い…大人になってから天河を全巻Kindleで買い直して読み返したんですが、やっぱり名作だな!と改めて思いました。

2022/12/08

よっち

ヒッタイトを舞台にした漫画『天は赤い河のほとり』の著者・篠原千絵さんが、考古学者・大村幸弘アナトリア考古学研究所長に質問!ヒッタイト帝国についてアツく語り合う対談集。 大村先生がどのようにして遺跡の発掘作業に携わるようになったのか、ヒッタイト帝国とはどんな国だったのか、篠原先生の作品誕生のきっかけなども書かれていて、ヒッタイト帝国に関しては鉄と戦車と古バビロニア王国を滅ぼしたこと、エジプトとのカデシュの戦いくらいの認識でしたが、ミタンニとの関わりとか近年新たなことが判明しているらしくて興味深く読めました。

2022/12/30

宇宙猫

★★★★ トルコで遺跡を発掘している考古学者に、ヒッタイトを舞台に作品を描いた漫画家がインタビュー。発掘には現地の人達との良好な関係が欠かせないと、長期にわたる信頼関係を築いている先生がすばらしい。発掘場所の選び方や、ヒッタイトや周辺の国に対しての考察が興味深い。

2023/01/27

綾乃

「天は赤い河のほとり」の著者・篠原先生と、アナトリア地方の遺跡発掘調査をされている大村先生の対談集。 鉄を生み出したのではと言われているヒッタイト帝国の謎、発掘現場での現地の人との交流など、ヒッタイト周辺の本格的な考古学に関する篠原先生の質問に大村先生が答える形で話がまとめられている。 「天は赤い河のほとり」でヒッタイトに興味を持ち、専門的な内容に勉強になることばかりだったが、挿絵等がほとんどないので漫画の考察などを期待する人には不向きかな? この本を片手にまた漫画の方も読み直したい😁

2022/12/29

感想・レビューをもっと見る