読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山

ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山

ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山

作家
北杜夫
出版社
山と渓谷社
発売日
2019-09-14
ISBN
9784635048743
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヤマケイ文庫 どくとるマンボウ青春の山 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

♡ぷらだ♡

北杜夫といえば、船乗りぷくぷくやどくとるマンボウから「海」というイメージ。だが、旧制松本高時代の上高地や穂高への登山やヒマラヤ遠征隊に医師としての参加から「山」も好まれていたのを知った。本書は山登りや昆虫採集で訪れた自然など山に関するエッセイをまとめたもの。登山の装備も不十分でやっけもなく雨が降ると油紙をかぶったというのには驚いた。「山は美しく壮麗でわれわれの精神に何者かを与えてくれる。しかし、山は怖い。山の怖さを本当に知って、その上で慎重に謙虚に山に登ってほしいと願わずにはおれない」という言葉が印象的。

2019/11/24

Shoji Kuwayama

北杜夫さんがかつて執筆した山に関する随筆や手記を集めたものです。「青春の山」とのタイトルですが、戦争時代が北杜夫さんの青春期と重なっており、やや戦争文学的な趣きも感じました。山歩きを趣味とする私にとっては楽しく読むことが出来ました。

2020/05/15

glaciers courtesy

今更の説明だが、北杜夫のエッセイには「どくとるマンボウ」シリーズと単なる「マンボウ」シリーズがあって、「どくとるマンボウ」の方が圧倒的に質が高い。「どくとるマンボウ」は恐らく躁期に書かれて活力があり、一貫したテーマがあるのだ。だから、この本を書店で見つけた時は狂喜した。それで、最初の文章を立ち読みして、これは間違いなく「どくとるマンボウ」であり、名作だ!と確信したのだった。しかし、それは「どくとるマンボウ途中下車」に収載された文章で、この本は単なる北杜夫の山関係の文章を集めたアンソロジーであったのだった。

2019/11/07

Masa.H

敬愛する、どくとるマンボウこと北杜夫さまの新作エッセイ…では無く、過去の作品から山に関するものを再編集したものです。 青春記と途中下車あたりが多い感じかな。 未読の作品も有り、テーマが一貫しているので以前読んだときと違った印象を感じる作品も有ったので良かったと思う。同じようなネタの話が繰り返されたりするのが難点か。 マンボウ先生が当時憂えたように、今の日本は衰退して来ていることにも改めて気付かせられた。憂国。

2019/10/22

azuno

緊急事態宣言で図書館も休館となり、予約本がSTOPしてしまったので図書館のHPで勧めていた電子図書で手に取った。 なかなかの物で朗読の機能までついているのには驚いた。北杜夫さんはそれこそ「どくとるマンボウ航海記」は読書感想文の課題図書だったりして既読。それと狐狸庵先生とのシリーズとかしか読んだ事がない。登山がお好きとは知らなかった。この本の白眉はヒマラヤ遠征だと思うが、松本高時代にせよ同じエピソードが度々出てくるのには閉口した。亡くなった後に出版された物だろうか。

2020/06/04

感想・レビューをもっと見る