読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヤマケイ文庫 シートン動物記

ヤマケイ文庫 シートン動物記

ヤマケイ文庫 シートン動物記

作家
白土三平
岡本鉄二
出版社
山と渓谷社
発売日
2021-01-18
ISBN
9784635049016
amazonで購入する

ヤマケイ文庫 シートン動物記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツキノ

590ページの文庫本。できれば大きな版で読みたかったと思うくらい。勢いがあってページをめくる手がとまらない。シートン動物記は読んだような読まないような。これは読めてよかった漫画。

2021/04/29

ほんどてん

書店で「シートン動物記」と書かれた、かなり分厚い背表紙の文庫本を見つけて、読みたい‼︎!と思わず手に取ってしまった。母熊、兄弟熊との悲しい別れの後、生きるか死ぬかの中で傷だらけになりながら、たくましく生きていく灰色熊の物語から始まった。野生動物の親子の姿は人間と同じだった。「あいつらにも家族があるんや。」生き物すべてに対してこの言葉を忘れないようにしたい。マンガだったので一気に読んでしまった。

2021/03/10

ぴい

白土三平と言えば「忍者武芸帖」、そして「カムイ外伝」。父の本棚にあって子どもの頃夢中になった。「シートン動物記」は買ってもらって読んだんだと思う。中でも「スプリングフィールドの狐」が一番好き。父親を失った狐のファミリーを悲劇が襲う。ただ一匹生き残って囚われた子狐に母親がしたこととは…作品の中で人間も獣も懸命に生きていて、その中で出会って対峙する。お互いに生への執着があるのみ。自然との向き合い方の正解とはなんだろうと、大人の自分は考える。子供時代に読んだ印象と微妙に違い、そのことに気づいて少し淋しい。

2021/02/13

感想・レビューをもっと見る