読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

屋久島トワイライト

屋久島トワイライト

屋久島トワイライト

作家
樋口明雄
山田章博
出版社
山と渓谷社
発売日
2022-08-13
ISBN
9784635156073
amazonで購入する Kindle版を購入する

屋久島トワイライト / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

屋久島は異界への入り口?の一冊。舞台は自然はもちろん、伝説等も豊富な世界自然遺産の屋久島。そこでの数々の不思議な出来事は何を意味するのか…なんともワクワクが止まらない。明らかにこの世のものではない存在との遭遇、時代の最先端を行く仙人との遭遇は、非現実的ながらもこの地なら不思議ではない、微かな現実味を感じられるのが良い。自然界が持つチカラ、息づかいがそこかしこで異界への入り口を開いて待っているかのよう。次第に明らかになっていくこの地を訪れた意味もまた心くすぐる。仙人がまた良いスパイス!ラスト、ピース!

2022/09/21

タイ子

シリーズ関係なく単作で読める。世界自然遺産の屋久島を舞台に怪異の物語。信じるも信じないも読者次第。オカルト雑誌の記者・野々村舞が屋久島の取材に向かう。出迎えたのはツアーガイドの狩野と大学の友人・夕季。彼女は屋久島の山岳救助隊員。屋久島に伝わる都市伝説、それが舞の身に降りかかってくる。現実と虚構が交錯する異世界に導かれる一行。導くのは山姫と呼ばれる魔界の鬼女。途中、仙人も登場してほのぼの気分。屋久島を護るため闘う現代と古のヒーローたち。SF映画を観ている感覚。この世界観好きです。ラストの遊び感覚が最高!

2022/09/06

テフェ

オカルト雑誌の編集者.野々村舞は屋久島に取材に訪れる。山岳ガイドの狩野哲也と屋久島最高峰の宮之浦岳縦走するうちに異界に誘い込まれ奇々怪々な体験をする。千年に一度の穢れの年、山姫や魑魅魍魎が跋扈し百鬼夜行が現れる。舞は山姫に引き寄せられて屋久島に来たその理由が明らかになる。鬱蒼とした森や屋久杉を背景に屋久島の奇怪な都市伝説的物語。山岳小説と民俗学的逸話を合わせたような話で楽しめた。舞が異界で出会った仙人との会話、そして最後に空港に見送りに来ていた件はニンマリした。編集社の新人.六合津沙樹に不気味な余韻。

2022/09/08

オカルト小説。現実離れし過ぎて恐怖感一切なし。読み物としては楽しめたかもしれないが樋口ファンとして方向性が違い過ぎて物足りなかった。

2022/09/14

ichi

【図書館本】屋久島の妖怪にまつわる不思議体験の非現実的なオカルトストーリーなのですが、フィクションとして面白く読めました。筆者の樋口さんは霊感体質なのだとか。

2022/09/17

感想・レビューをもっと見る