読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

走る奴なんて馬鹿だと思ってた

走る奴なんて馬鹿だと思ってた

走る奴なんて馬鹿だと思ってた

作家
松久淳
出版社
山と渓谷社
発売日
2019-06-15
ISBN
9784635172011
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

雑誌『Tarzan』の人気連載が単行本に!

運動とはまったく無縁。
文化系&夜型生活を極めた作家・松久 淳が45歳にしてマラソンにハマッた。
なぜ人間は走るのか?
そこにイミはあるのか?
マラソンの本=ハウツーという常識を超えた!?
笑えるマラソンエッセイ、ここに誕生!

僕は松久 淳のことをよく知ったつもりでいたが、“馬鹿だと思ってた奴ほどよく走る”ことは知らなかった。――みうらじゅん

松久さん、僕が教えたら4時間切れますよ!――猫ひろし


45歳まで、文化系極まる生活を続け、たった100mも走れなかった作家が、
度重なる体調不良をきかっけに走ることに目覚め、
遂にはフルマラソンを完走するまでになった経緯を、
自虐あり・笑いあり・マジメな提案ありの文章で紹介するエッセイです。

この本はマラソンの「実用書」ではありません。
この本を読んでも、速くは走れないかもしれません。
でも、マラソンの楽しさや悲喜こもごもをじんわり味わったり、
走ってみようかなという気持ちにさせてくれます。

マラソンランナーはサブ3やサブ4のエリートばかりじゃない。
いつも後ろのほうでギリギリ完走でもいいんです。
そんな“遅いけど頑張るおじさんランナー”の背中をグイっと押してくれる1冊です。

走る奴なんて馬鹿だと思ってた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユザキ部長

マラソンは人生なんて言わないよ絶対(槇原敬之風)高橋尚子やイチローのサングラスに憧れ、やたら気になる雨雲レーダーで風景を変えたルートばかり探して、考えてる事は女性ランナーの足に目を奪われ日々の瑣末な事ばかり。そんな孤高な?ランナーの日常。あるあるで楽しかった。にしても東京マラソンは遠いなぁ。

2019/06/27

アキ

走る奴なんて馬鹿だと思ってた著者が、45歳でメタボをキッカケに一念発起して中目黒を起点に走り出す。今日走ったルートをアプリで眺めてそれをあてに居酒屋でひとり酒を飲むという趣向にはまって、毎日走る度に5kmが10km.20kmと距離を伸ばしていくうちに案の定インピンジメントの怪我と肉離れ。それでもフルマラソンに挑戦、多くのトラブルにもかかわらず、50歳に岡山マラソンで遂に4時間3分を叩き出すまでに。そして最後に走る奴って馬鹿だという当たり前の結論に至る。わかるわ〜!でもその歳でそのタイムちょっと羨ましいー。

2019/08/24

はまだ

エッセイで、しかも、走ることについて書いてくれるんであれば買う。何せなんでもいいから、走るモチベーションがほしいからね! 走らない理由ならアホほど見つけるけどね! しかし、これ読む人を選ぶ。選ぶわー。ちょうど40代から50代にかけての、初心者ランナーに限ってきたわー。せまいわー。ドンピシャ。一気に読んだ。明日走るだろうけど、ちょっとケガしそうですよ、ですからこの本は、あれですね。たぶん、こう、あのー盛ってますよ。こんなん無理やもん。ちがう!おもてたんとちがう! ★3.5

2019/09/13

智哉

たまたまネット記事で見つけて即購入。マラソンに対する情熱や魅力に共感しっぱなし。練習と大会のタイムがほとんど変わらないのは驚き。競い合うランナーがいて、沿道の応援があってこそ、アドレナリンが出るのではないか。怪我や病気に悩まされながら、これだけ自分を追い込めるストイックさに感動。

2019/07/13

厩火事

走ることにのめり込んでいく様を上手に書いていると思います。わかる〜ってシーンが多かったです。作家さんということでとても読みやすい文章で◉。

2019/07/17

感想・レビューをもっと見る