読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ディケンズショートセレクション ヒイラギ荘の小さな恋 (世界ショートセレクション)

ディケンズショートセレクション ヒイラギ荘の小さな恋 (世界ショートセレクション)

ディケンズショートセレクション ヒイラギ荘の小さな恋 (世界ショートセレクション)

作家
チャールズ・ディケンズ
ヨシタケシンスケ
金原瑞人
出版社
理論社
発売日
2018-10-16
ISBN
9784652202487
amazonで購入する

ディケンズショートセレクション ヒイラギ荘の小さな恋 (世界ショートセレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ほちょこ

大物作家短編シリーズ第3弾はディケンズ。つくづく私は大物作家を読んでないんだなぁと思いつつ、ここで短編を数作読んで、挽回した気分に浸る。表題の「ヒイラギ荘の小さな恋」、こんなほんわかした作品をかける人が、うすら怖い信号手の話もかけるのか、と。さすがが大物。(と、ちゃっちゃとくくってしまった)

2018/12/20

ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ

とても可愛らしい装丁、でも各話それぞれが心のザワザワする話でした。幽霊が出そうな話、心の闇、様々な悪行、何処か教訓的な感じもすれば、表題作「ヒイラギ荘の小さな恋」のような可愛らしい話も有り。最後の「黒いヴェールの女」は話の真相が分かるまで怖かったですが、落ちに何とも人の情の不思議さを感じました。

2019/01/27

ごへいもち

ディケンズと流行りの挿絵につい手を出したけれどイマイチ

2018/11/14

GO-FEET

「中編や長編が有名なディケンズですが、短編小説も書いていて、おもしろい作品がいくつもあります。そのなかから六つを選んで訳してみました。」(訳者あとがき)ディケンズ初読み。確かに面白い!長篇にも挑戦したくなりますねぇ……

2019/03/17

Mayu

ディケンズのお話は、クリスマスキャロルくらいしか知らなかったのですが、タイトルとヨシタケシンスケさんのかわいいイラストに惹かれて読んでみました。ホラーっぽいお話、ミステリーっぽいお話、クリスマスキャロルに似た教訓的なお話もあり、どれもとても面白くて引き込まれてましたが、中でも表題作のヒイラギ荘の小さな恋、はとても美しいお話で、心あらわれるような気持ちになり、ホロッとしてしまいました。なんとなく村上春樹さんの著作に似ているような感じも。オリヴァー・トゥイストはまだ読んでないので、読んでみようかなと思いました

2019/02/14

感想・レビューをもっと見る