読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルビねこと星ものがたり (本屋さんのルビねこ)

ルビねこと星ものがたり (本屋さんのルビねこ)

ルビねこと星ものがたり (本屋さんのルビねこ)

作家
野中柊
松本圭以子
出版社
理論社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784652203798
amazonで購入する

ルビねこと星ものがたり (本屋さんのルビねこ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

ルビ、いろいろな感情を持ち合わせてきたね。モシモさんもタジタジになるぐらい、落ち込む感情みせるとは…。(笑)たとえ失敗しても、いろいろな事にチャレンジしてルビ。勇気を持って貪欲にチャレンジするんだろうな。その勇気、おっさんになった自分に分けて欲しいよ。リリの飼い主さんも登場して、この先、まだ楽しめそうですね。読了後、満点の星空を眺めたくなりました。

2021/03/13

たまきら

おっとりした本屋の看板猫(元ほこり…?)ルビと、周囲の暖かなお話第3弾です。ルビのささいな失敗と星の比較は、きっと子供も共感できるのでは…とおもったんですが、娘さんから直接感想は聞きませんでした。ただ、星座や惑星について質問されたので、天文学への興味は持ったようです。

2020/09/08

ケ・セラ・セラ

雨音を聞くのは悪くないけれど、長く続くと気が滅入るのは人もねこも同じ。けれども雨はやがてやむのです。雨上がりの夜空には満天の星。ねこ座はなくても、リリの瞳の星、ルビ座、本の木座。星に勇気をもらって少しずつ「できた」が増えていく小さな子ねこのルビねこが可愛くて愛おしい。

2021/01/01

キラ@道北民

シリーズ第3弾。ルビの成長が見られます。失敗に落ち込み、周りに励まされ、努力する素直なルビが可愛い。アンティークソファに温かな猫たちと山積みの本の描写にうっとりしました。

2020/12/22

まっきー☆

図書館本、シリーズ3作目。今回もとっても可愛らしいお話に始終、顔に笑みが浮かぶ。今回はルビの成長物語のようで、積み重ねることの大切さを説いてるようだった。「ちっちゃなできた!」を積み重ねる大切さを子供だけでなく、大人になった私たちにも思い出させてくれる素敵な物語に、心がほんわかだった。リリとルビが星を探すシーンが、とても微笑ましい。本の木座とルビ座を私も見つけてみたいな。モシモさんさんのお店のアンティークソファに座って、雨の日にゆったり、ルビを膝に乗せて本を読むことが夢。そんな素敵な場所が私にも欲しいな。

2020/12/12

感想・レビューをもっと見る