読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あしたの幸福

あしたの幸福

あしたの幸福

作家
いとう みく
松倉香子
出版社
理論社
発売日
2021-02-19
ISBN
9784652204177
amazonで購入する

あしたの幸福 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はる

好みです。いとうみくさんらしい繊細な物語。突然父親を事故で亡くした中学2年の女の子が主人公。幼い頃に出て行った母親と同居することになるが…。痛くて切ないのに、優しくて温かい。母親である国吉さんがいいキャラクター。あまり現実的ではないかもしれないけれど、重くなりがちなストーリーの中で不思議な味わい。いとうみくさんの描く何気ないやりとりがじんわりと沁みる、優しい物語。

2021/03/29

しゃが

父子家庭の中2の雨音は事故で父を亡くし、幼い頃に家を出た実の母が保護者になり、同居する選択をする。捨てられた娘と捨てた母の薄い感情の暮らしに、父の婚約者が同居し、また不思議な生活がはじまるが…。最初は辛いストーリーだった。が、中二女子の戸惑い、微妙な揺れ動く思いが切なかったが、亡くなった父、離れていた母の、婚約者の思いに愛され支えられていると実感。病の母の介護をする廉太郎とは辛さを思いやる友情もよかった。中2の子たちに自ら選択させる切なさもあったが彼らの成長は頼もしかった。いとうさんらしく好みだった。

2021/04/04

信兵衛

雨音を産んだ母だという国吉さんのキャラクターに、いろいろと考えさせられます。 なお、その話し方からは、TVドラマ「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかが演じた義母の口ぶりを思い出しました。

2021/03/12

Yutaka Matsuzawa

人との距離感?父親が事故で亡くなり一人になった中学生の雨音。生みの親の国吉と、育ての親になったであろう帆波が一緒に住むことに。ハードな状況だが、何らかの理由でストレートかつユニークな国吉の言動が面白い。父親と国吉との出会いと別れもグッときた。テーマの人との関係性の距離感。関係を築かない方法もあるが、それは臆病で、一歩踏み込む勇気を持ち、難しいが丁度いい距離を見つけるのがより良く生きるのに必要かなと。あと甘えたり、頼ることができる親がいるのは幸せなことだったのだなとも思った。〇

2021/04/08

びすけっと

2021年2月刊。著者つながり。父が事故で亡くなり、別れていた母が「一緒に住みましょうか」と戻ってくる物語。言葉を額面通りに捉える母にイライラするけれど、そういう人なんだと分かると良さが見えてくるし、過ごしやすくなっていく。うつの母をもつ友人も登場して、「普通」ってなんだろうと考えさせられます。一つとして普通な家庭ってない。それぞれがオンリーワン。それをもって隣人と接することができたら、もっとこころ豊かな生活が送れるのではないかと考えた一冊でした。映画で見てみたい作品でした。

2021/03/13

感想・レビューをもっと見る