読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あしたの幸福

あしたの幸福

あしたの幸福

作家
いとう みく
松倉香子
出版社
理論社
発売日
2021-02-19
ISBN
9784652204177
amazonで購入する

あしたの幸福 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モルク

父子家庭で中2の雨音は、父の急死により幼い頃雨音を置いて家を出ていった母国吉さんと暮らすようになる。そこに父の婚約者であり身重の帆波も加わり奇妙な同居生活が始まる。対人関係が苦手で言葉をそのまま受け取り融通も機転もきかない国吉さんと、天真爛漫な帆波のコントラストがいい。雨音をはその生活環境からか、人と距離を取ってしまい飛び込むことができない。鬱の母親を抱える幼なじみの廉太郎とも、お互いがわかる分弱音を吐けず、相手を慰める言葉もためらってしまう。子供は逃げ出せない。大人の一言が子供を傷つけることもある。

2021/06/02

はる

好みです。いとうみくさんらしい繊細な物語。突然父親を事故で亡くした中学2年の女の子が主人公。幼い頃に出て行った母親と同居することになるが…。痛くて切ないのに、優しくて温かい。母親である国吉さんがいいキャラクター。あまり現実的ではないかもしれないけれど、重くなりがちなストーリーの中で不思議な味わい。いとうみくさんの描く何気ないやりとりがじんわりと沁みる、優しい物語。

2021/03/29

しゃが

父子家庭の中2の雨音は事故で父を亡くし、幼い頃に家を出た実の母が保護者になり、同居する選択をする。捨てられた娘と捨てた母の薄い感情の暮らしに、父の婚約者が同居し、また不思議な生活がはじまるが…。最初は辛いストーリーだった。が、中二女子の戸惑い、微妙な揺れ動く思いが切なかったが、亡くなった父、離れていた母の、婚約者の思いに愛され支えられていると実感。病の母の介護をする廉太郎とは辛さを思いやる友情もよかった。中2の子たちに自ら選択させる切なさもあったが彼らの成長は頼もしかった。いとうさんらしく好みだった。

2021/04/04

ぶんこ

父子家庭の中2女子雨音の父が交通事故死。誰と暮らすかの問題があるところへ、産んですぐに別れた実母から電話。今の生活を維持したい雨音は、実母を利用することにする。実母の国吉さんは普通の感覚の持ち主ではなく、物事には隠された奥の思いもあることを知らない人。理解に苦しむことも多いが、私はなんて良い人なんだろうと思うのでした。一緒に事故にあった父の婚約者帆波さんからの、同居したいというお願いに、躊躇なく部屋割りをするところ。胸がグッときました。雨音とは真逆の廉太郎の厳しい家庭環境に、大人の手が届きますように。

2021/04/21

tan

かなりヘビーな状況に置かれた中学生の話なので、児童書ではあるけど読む子供には現実的ではないかなと。物語としてはヤングケアラーや発達障害など現代の情勢を扱っていて興味深く読みました。亡くなった父親の元妻と元婚約者と一緒に暮らすなんてありえないかも知れませんが、少子化で兄弟も少なく親戚との関係も薄れていく現代では、今後このような新しい家族の形もあるのではないかと思いました。

2021/07/31

感想・レビューをもっと見る