読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

被災地の子どもの心に寄り添う ― 臨床心理学からのアドバイス (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)

被災地の子どもの心に寄り添う ― 臨床心理学からのアドバイス (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)

被災地の子どもの心に寄り添う ― 臨床心理学からのアドバイス (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>)

作家
本田恵子
出版社
早稲田大学出版部
発売日
2012-04-10
ISBN
9784657123022
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

恐怖と悲しみ、深い傷を負った子どもの心に、おとなはどう向き合えばよいのか。さまざまな問いにカウンセラーがこころを込めて答えます。全国学校図書館協議会選定図書

被災地の子どもの心に寄り添う ― 臨床心理学からのアドバイス (早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える>) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

BIDDULPH

いきなり表紙をめくると被災した子供の絵が出てきます。こういう構成では、絵を描かせることがつらい体験を乗り越えるための特効薬のように思われる方が出てくるのではないか。一律に作文や絵を書かせることで生じる負の面を恐れます。

2012/08/14

感想・レビューをもっと見る