読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「アウンサンスーチー政権」のミャンマー――民主化の行方と新たな発展モデル

「アウンサンスーチー政権」のミャンマー――民主化の行方と新たな発展モデル

「アウンサンスーチー政権」のミャンマー――民主化の行方と新たな発展モデル

作家
永井 浩
田辺 寿夫
根本敬
出版社
明石書店
発売日
2016-10-07
ISBN
9784750344072
amazonで購入する

「アウンサンスーチー政権」のミャンマー――民主化の行方と新たな発展モデル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

宇宙猫

★★★ 半分読んでほったらかしだったのを読了。ミャンマーと日本の関わりとか知らないことが多かった。最近はメディアで取り上げられることもなくなったが、今後が気になる国ではある。

2017/05/22

Koichi Tamura

ビルマの竪琴は未だにビルマでは上映を許されていない。 日本人はこの事を重く受け止めなくてはならない。 アウンサン将軍は抗日の立役者。 アウンサースーチさんの小数民族に対する対応にも注力する必要がある。

2016/12/15

yellow06857

ミャンマーについて調べ物する必要があったので…。単純に知識が少なかったので面白く読めた。

2018/02/20

感想・レビューをもっと見る