読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベストセラーで読み解く現代アメリカ

ベストセラーで読み解く現代アメリカ

ベストセラーで読み解く現代アメリカ

作家
渡辺由佳里
出版社
亜紀書房
発売日
2020-02-19
ISBN
9784750516264
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベストセラーで読み解く現代アメリカ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

ここ数年アメリカでベストセラーとなった本の書評集。小説、ノンフィクションの区別なく移民の国、セクシャリティ、競争社会などテーマごとに紹介され、その内容の考察から背景にある今のアメリカの社会事情が見えてくる。多様性が叫ばれる今でも人種や性の差別問題は根深そう。ヒューゴー賞の混乱は知らなかった。そこまで差別が影響しているとは。先住民の話、自国なのに異邦人のように暮らしている心情はどんなものなのだろう。The Fifth Season、There There、Catch and Killなどが翻訳されないかな。

2020/02/23

yyrn

近年の全米ベストセラー本が多数紹介されているが、なぜそれらが評判となったのか?歴史や文化的背景を解説しつつ、個人の見解もどんどん述べているので、どの本にも明確な(リベラルがかった?)主張が汲み取れて興味がわくが、読んでみたいなと思う本に限って邦訳されていないのが残念。アメリカ繁栄の陰で、人種や民族の壁が絶望的に立ちはだかり、所得格差が就学や就業の機会も理不尽に奪い、黒人が大統領になっても容易に変えられないその闇の深さを考えさせられた。恋愛と結婚本の章でさえ考えさせられるが、それでもそこには希望もあった。

2020/06/29

kubottar

現在アメリカは荒れています。そして日本人である私達は人種差別についてあまり経験がありません。黒人の子供は「絶対に警官に逆らっちゃいけない、殺されるから」と厳格に教えられるという現実を知るためには、アメリカで売れているベストセラーを読むべきだ。ソレ以外には、LGBTや大麻合法など、なぜ日本とは違う価値観がアメリカにあるのかを知るためにあちらの本を読むことは大事です。

2020/06/30

zirou1984

ちょっとびっくりするくらいに面白かった。タイトルの通りニューズウィーク日本版オフィシャルサイトの連載を中心にまとめられた書評集なんだけど、こんなにも心に響く書評はそうそうない。その面白さは選出された本以上にそれを読む彼女の眼差しによるものであり、著者は一冊の本の向こう側にある現実の社会と、そこに暮らす一人ひとりの人生を具体的に想像できているのだとはっきりと思わせてくれる力がある。だからこそフィクション、ノンフィクションを問わずその言葉はしっかりと地に足が着きながらも、どうしようもなく届いてくる。スゴ本!

2021/01/31

たらお

掲載されている65冊の本の中には読まなければきっと手に取らなかったであろう本がある。単なる書評のみに終わらず、冒頭、本から少し離れたエッセイのような感じでアメリカ文化の空気感を書き出しているところがよい。引退後のブッシュの変貌を語っているのも面白い。「IQ」「パチンコ」「ラボ・ガール」「Educated」「宇宙の覇者ベゾスVSマスク」「当世出会い事情ースマホ時代の恋愛社会学」「侍女の物語」「米国人博士、大阪で主婦になる」あたりが気になった。多様性の時代なのでせめて本からでも学びたいと思う。

2020/11/24

感想・レビューをもっと見る