読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こわい話 (中学生までに読んでおきたい日本文学 8)

こわい話 (中学生までに読んでおきたい日本文学 8)

こわい話 (中学生までに読んでおきたい日本文学 8)

作家
松田哲夫
出版社
あすなろ書房
発売日
2011-02-28
ISBN
9784751526286
amazonで購入する

こわい話 (中学生までに読んでおきたい日本文学 8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

中学生までに読んでおきたい・・ということなのですが、結構大人が読んでも楽しめました。他のアンソロジーに収められているものもあったりで読んだことがあるものが多かったのですが水準は高いと思いました。筑摩書房の「ちくま文学の森」シリーズを思い出しました。編者がちくまの方だったのですね。それにしても中学生までに・・、というのは無理な感じもある気がしました。他のシリーズも読みたい感じです。

2019/10/26

chimako

中学二年生美術の授業のための読書。絵本や短編集の中から題材を選びブックカバーを作りたいとの意向で読んでみた一冊。濃いアンソロジーだった。日本人が“こわい”と感じるのはどんな時なのか、何に対して恐怖を覚えるのか、日本という国が何を拠り所にして続いて来たのか分かるようなこわい本だった。夢野久作の『瓶詰地獄』は遭難した兄妹が人としておかしてはならない禁忌を瓶詰めの手紙の形を取って描き、坂口安吾の『桜の森の満開の下』は癒されることのない孤独と死を首遊びというおぞましさで描きだす。中学生には難しい一冊。

2014/09/03

Shoko

図書館。印象に残ったのは、半村良の「箪笥」、岡本綺堂の「利根の渡」、菊池寛の「三浦右衛門の最後」、志賀直哉の「剃刀」。中学生になるまでに読んでおきたい日本文学シリーズなのだけれど、大人でも十分に楽しめる。シリーズ他のものも読んでみよう。

2018/06/19

mm

このシリーズは欄外に用語解説と動植物や衣装の図解があります。理解のポイントをついた解説も上手いところです。全部確認したわけではないけどね。志賀直哉の「剃刀」を読んで、やはりこの人文章が上手いのではないか⁇と目を見張ったよ。「瓶詰めの地獄」「トカトントン」「鏡」「夢十夜」は再読になるけど全部強い記憶がある。怖い話はインパクト強いんだね。血が出たり、殺されたりの痛さを感じる怖さより、不条理とか無力感とか世界観の崩壊、自我の消滅みたいなのが心底ゾワッとくる。痛いの嫌いなので想像を拒否してるのかもしれないけど。

2019/06/05

Matoka

あーまた凄い物語を読んでしまった。夏目漱石の夢十夜、江戸川乱歩の白昼夢、半村良の箪笥、岡本綺堂の利根の渡、菊池寛の三浦右衛門の最後、志賀直哉の剃刀、太宰治のトカトントン。中学生までに読んでおきたいシリーズですが大人でも、とうか大人だからこそ、ゾゾゾーとなるこわい話がつまった一冊です。

2016/09/05

感想・レビューをもっと見る