読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ

作家
萱野茂
どいかや
出版社
あすなろ書房
発売日
2016-08-31
ISBN
9784751528198
amazonで購入する

ジャンル

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seacalf

とても素敵。あまり馴染みのないアイヌの文化風習の一端を、可愛いらしい絵とユニークな昔話で語ってくれる。山や川、太陽に星、食している動物たち、はては人が作った道具にまで、全てのものをリスペクトする気持ち。それを押しつけがましくなく、学び気付かせてくれるアイヌの教え。『ゴールデンカムイ』を読んでから俄に注目しているアイヌ文化に触れられる良い機会。まさかこなべがね~。先住民族の知恵をわかりやすく可愛らしく紹介してくれたどいかやさん、今後も注目だ。

2019/03/17

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

これはこれは♡ たのしいお話を読みました♪ アイヌの くまの神さま の昔話です。はてさて『ひまなこなべ』とはどういう意味でしょう? ■既刊の本の文をベースに、絵本のために加筆修正したそうです。物語に入る前に、くまの神さまから(どいさんから)アイヌについて 少し説明があるのも良いですね。絵と、導入の説明と、あとがきは、どいかや さん。■弓矢が放たれる場面の絵画表現が斬新です! この場面を含め、全ての絵に可愛らしさとハッピー感が溢れているのが、とても良かったです ( ' ᵕ ' ) (2016年)

2017/11/14

野のこ

どいかやさんの絵が見たくて。ふぅっと口で吹けばふわふわっと揺れそうな繊細でたんぽぽの綿毛のような描写に見入ってしまいました。修学旅行で北海道に行った時にアイヌの住まいを再現した村?を見学したくらいであまり知らないのですが、興味を持ちました。物を大切にするお家のひまなこなべさんとくま神さまのお話。ひまなこなべ、ひらがなやとなんか可愛い。

2018/04/05

とよぽん

「アイヌのむかしばなし」という文字がなかったら、手に取っていなかったかもしれない。生きものの命をいただくことに深く感謝するアイヌの人々。さらに、生活に必要な物や道具にも魂があると考えて大切に使う。萱野 茂さんの文に、どい かやさんの絵がカムイとアイヌの人々のぬくもりを感じさせる。小鍋の神様は踊りが抜群にうまい。

2020/01/28

chiaki

アイヌの昔ばなし。自然や動物、植物だけでなく、人間が作った道具など身の回りのあらゆるものには魂、神(カムイ)が宿っており、尊敬の念を持って接するアイヌの人々。特に、肉や毛皮、薬を与えてくれる熊の存在は特別なのだそうで、その命を頂いたときには心尽くしのおもてなし(歌や踊り、物語、ごちそうなど)で天の国へと送るイオマンテの儀礼を行う。大量生産大量消費社会に生き、物を大切にする気持ちや命への感謝の念を忘れてしまっていたことに、とても恥ずかしくなりました。どいかやさんの優しい絵とあとがきにも心を洗われるようです。

2021/02/26

感想・レビューをもっと見る