読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

わたしのおじさんのロバ

わたしのおじさんのロバ

わたしのおじさんのロバ

作家
トビー・リドル
村上春樹
出版社
あすなろ書房
発売日
2018-12-05
ISBN
9784751528464
amazonで購入する

わたしのおじさんのロバ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

村上 春樹の翻訳モノも新作をコンスタントに読んでいます。いかにも村上春樹が好きそうな絵本です。一見、子供向けの内容ですが、サティ、ゴッホの向日葵等、大人向けの仕掛けが楽しめます。ロバの隣のおじさんが、村上春樹に似ていると感じられるのは、私だけでしょうか?

2018/12/06

旅するランナー

呑気なドンキーの絵本。村上春樹さんが好きそうな、クールでオシャレで抜けた空気感がある。ロバが、チャップリンのキッドを観たり、村上ラジオを聴いたり、ゴッホのひまわりを食べちゃったり、ピアノを弾いたり…子供も大人も、いろいろ想像を掻き立てられます。

2019/01/20

アキ

わたしのおじさんのロバの話し。どんな本であろうとも村上春樹が訳した本は、訳者あとがきがとっても楽しみである。今回もこの本との出会いからこの本の生まれたいきさつや冷蔵庫にはられた絵を見なおしてにんまりする。トビー・リドルは僕と1つ違い。子どもとの会話から生まれたこの絵本に6歳の娘が書いたロバのイラストを加える茶目っ気がグ~ですねエ。「ロバはほんとうにいるのでしょうか?ほんとうはいないのでしょうか?見える人にしか見えないのでしょうか?あなたの隣にロバがいたりしませんか?」って残念見えません。いるわけない!

2018/12/18

美紀ちゃん

訳者が好き。この本は3歳の姪と会話している時にめちゃウケだったので、本に。訳者あとがきより。絵の中の細かい解説も。映画はチャップリンの「キッド」楽譜はエリックサティの「グノシエンヌ三番」ジャグリングしてる壺はローマ時代に作られた世界でいちばん高価な壺、冷蔵庫に貼ってある絵は著者の6歳の娘が書いたもの、ロバが食べてるひまわりはゴッホの「ひまわり」ロバは本当にいるのか?本当はいないのか?ロバは見える人にしか見えないのか?自分の隣にロバがいるかもしれない?と想像して読むとハルキストのわたしはワクワクしてしまう。

2019/03/15

オスカー

サティのグノシエンス第3番、検索してしまった! ロバの絵が無理矢理可愛くした感じもなくて、絵と文字のバランスもよかった。村上春樹作品は多分翻訳した絵本しか読んでいない気がする(笑)

2019/02/04

感想・レビューをもっと見る