読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふゆのはなさいた

ふゆのはなさいた

ふゆのはなさいた

作家
安東 みきえ
吉田尚令
出版社
アリス館
発売日
2019-11-26
ISBN
9784752009092
amazonで購入する

ジャンル

ふゆのはなさいた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はる

優しいおはなし。自分はみんなに嫌われて一人ぼっち。そう思っていたこねずみですが…。性格が正反対の金魚に出逢ったこねずみ。ふたりのちぐはぐなやり取りが可笑しいです。そう、世界は自分が思っているよりずっと優しい。勇気を出して周りをよく眺めてみよう。金魚から見たら、ラストのこねずみはやっぱり「やれやれ…」という感じかな笑。

2020/01/21

れっつ

読み友さんに教えてもらった『星につたえて』がとても素敵だったので、この作者コンビの新刊は楽しみだった。今度はねずみと金魚のおはなし。冬が来て、池のほとりで涙をこぼす泣きむしねずみ。すると金魚が現れて、ねずみの話を聞き慰めてくれた。そうして話をするうちに、2人は互いを大切な存在だと思うように…。陸上と水中、住んでる世界は違っても、気持ちが通えば新たな絆が生まれる。出てくる生きものたちの姿や表情がやっぱり可愛い(^。^)♡。全体のセピア調もお話にマッチして効果的。最後の2行にはほっこり(´▽`) ホッ♡

2019/12/11

ヒラP@ehon.gohon

どうして自然の池の中にこんなに金魚がいるのか疑問を持ちながら、みんなが助け合って作った花が綺麗だったので、気にしないことにしました。 渡り鳥のつばめ、冬眠するやまね、雪が降り氷がはり、冬の季節は、ねずみくんも友だちと会えなくて残念ですね。

2020/11/25

mincharos

安東みきえさんを続けて読んでる。「呼んでみただけ」で母親が息子に語って聞かせた物語のうちの一つ。やはりうちの子たちはまだ絵本で絵と共に読み聞かせしないと、ちゃんと聞いてくれない。こねずみのネガティブさにちょっと呆れながらも、金魚の包み込む優しさに感動した!!それまでずっと全体の絵の色彩が落ち着いていて、最後の「ふゆのはな」が咲くシーンの鮮やかさよ。。子供たちにもこんな風な友達とのいい出会いが今後あればいいなぁ。友達を悲しませたくない気持ち。大事だよね。心がきれいになったわ。絵本っていいなぁ~

2020/04/01

うー

<絵本>やられた。。涙腺崩壊でした。大好きな友達だと思っていた子たちが自分から離れていったことに嘆き悲しむ、はじめての冬をむかえたこねずみ。わけを聞き「ちがう ちがうってば ないちゃだめ」とぱしゃぱしゃヒレをふりながら諭す 池の金魚が たまらなくかわいくて いとおしい。 【絵本 星につたえて】より数段好き!

感想・レビューをもっと見る