読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きょうぼくはなまえをもらった (きょうりゅうのサン)

きょうぼくはなまえをもらった (きょうりゅうのサン)

きょうぼくはなまえをもらった (きょうりゅうのサン)

作家
かさいまり
星野 イクミ
出版社
アリス館
発売日
2020-09-18
ISBN
9784752009405
amazonで購入する

ジャンル

きょうぼくはなまえをもらった (きょうりゅうのサン) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

新着棚で。「いまぼくはここにいる」のサンが生まれた時のおはなし。お父さんとお母さんの間に生まれた15個の卵。一番初めにかえった卵。ふたりは、この子にどんな名前を付けようかと一生懸命考える。名前は親が子にする初めてのプレゼントだと言うが、親の想いがひしひしと伝わって、幸せな気持ちになる。サン、きみは本当に愛されていたんだね。絵は星野イクミさん。

2020/11/03

ビックママ

前作『いま ぼくは ここにいるよ』が好きで、2作目ということで手にとりました。画も素敵ですが、かさいさんの文章が特に好きです。『ぼくの なまえ あしたも いっしょ。ずーっと いっしょー。』

2021/02/18

だいきち

自分の名前は一生ついてくる。

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る