読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おいなりさん

おいなりさん

おいなりさん

作家
もとしたいづみ
中川学
出版社
アリス館
発売日
2022-04-20
ISBN
9784752010036
amazonで購入する

ジャンル

おいなりさん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

表紙絵とタイトルに魅かれて読みました。もとしたいづみ、初読です。おいなりさんが、波平っぽいのと、サザエさんっぽい登場人物は、サザエさんのオマージュでしょうか? http://www.alicekan.com/books/post_260.html

2022/04/25

シナモン

朝、砂糖を溶かした醤油にしょうが汁を混ぜたローションを頭にシュッシュッとかけることから始まるおいなりさんの一日。昭和レトロで渋いね~。夕食の献立が組み合わせ最高で美味しそう。作ってみたい!ほっこり楽しい一冊でした。

2022/05/26

anne@灯れ松明の火

大好きな絵本作家とりごえまりさんがSNSで、「もとしたさんの頭の中はどうなってるんでしょう」と、面白さをつぶやいていたので、予約。もとしたさんも大好きなので、ワクワク♪ タイトル通り、頭がいなりずしのおいなりさん(笑) 昭和レトロな雰囲気の暮らしの中、おいなりさん独特な生活があちらこちらに顔を出す。朝、身だしなみを整える道具には、ぷぷっ! 頭の重さで起きるアクシデントやおいなり好きの人からの危険なお願いなど、愉快愉快。見返しも楽しい。絵は、「だいぶつさまのうんどうかい」の中川学さん。6:00

2022/05/08

遠い日

中川学さんの絵を求めて。一冊ごとにテイストが少しずつ異なって、楽しみなイラストレーターさん(僧侶でもある)。頭がいなり寿司のおいなりさん。書道教室の先生でもるおいなりさんのとある日を描く。丁寧な暮らしぶりながら、そこここに笑いのツボが仕込まれて、しれっと自分流のそれをこなすさまがユーモラス。甘じょっぱい香ばしい匂いのおいなりさん。一度かじってみたいと思っている人はきっともっといると思う。表裏表紙見返しまで見応えあり!

2022/07/02

たくさん

お稲荷さんのストイックさというか職人気質なところや、好かれていて面倒見がいいところ、先生を魅惑するところなど懐かしいような親しみのある絵に乗せて楽しく仕上がった本です。

2022/05/15

感想・レビューをもっと見る