読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

クリスチャン・ボルタンスキー -アニミタス―さざめく亡霊たち-

クリスチャン・ボルタンスキー -アニミタス―さざめく亡霊たち-

クリスチャン・ボルタンスキー -アニミタス―さざめく亡霊たち-

作家
クリスチャン・ボルタンスキー
祖父江慎
畠山直哉
出版社
パイインターナショナル
発売日
2017-01-16
ISBN
9784756248619
amazonで購入する

クリスチャン・ボルタンスキー -アニミタス―さざめく亡霊たち- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

myk

東京都庭園美術館で行われたボルタンスキー展公式本。現在開催中の大阪での個展を閲覧してから再読。『ボルタンスキーの長いキャリアを通して探求しているテーマ、1人のひとりの生(存在)と死(消滅)、そして痕跡となる「記憶」』豊島にある「心臓音のアーカイブ」に行った事を思い出した。死をテーマにしつつも隠れた遊び心をチラつかせる作品がとても好きだ。

2019/04/07

ybhkr

2017年1月。東京庭園美術館全部を使った展示。ポスターのような目録。音とノゾキ穴。写真撮影OKの楽しさ。でもやっぱ芸術とか美術って難解だなってイメージ。

2017/12/23

ひぽ

豊島にある心臓音のアーカイブにて購入。昨年東京にて開催された展覧会の公式本。展示された作品の詳細と作者へのインタビューなど。

2017/03/06

カウチ

クリスチャン・ボルタンスキーの回顧展の記録。 2019年に日本でも行われた回顧展を前に読んだ。 金色のサバイバルシートや薄布にプリントされた画像の荒い写真の目など、象徴的なピースが並ぶ。 どこか素朴で、でも無駄が削ぎ落とされてストレートに感覚的な寂寞感や静かな迫力とでもいうべきものを伝えてくる。暗く、しっとりとして、でも突き放すようで、じんわりと重い。

2019/01/13

感想・レビューをもっと見る