読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界のおやつ おうちで作れるレシピ100

世界のおやつ おうちで作れるレシピ100

世界のおやつ おうちで作れるレシピ100

作家
鈴木 文
土居 香桜里
渡辺 晶子
石津 亜矢子
くぼあやこ
出版社
パイインターナショナル
発売日
2021-02-22
ISBN
9784756254511
amazonで購入する

世界のおやつ おうちで作れるレシピ100 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

高宮朱雀

こんな本を待っていた‼︎これが読後最初の感想でした。 子供の頃、別の著者の書いた同じタイトルの本を読んだ事があるのですが、その本に載っていたお菓子のレシピやNHKで放送中のグレーテルのかまどで紹介されていたお菓子など個人的にも真新しいスイーツのレシピが全100種類。しかも日本で揃えられる(代用出来る)材料を含めて列記されているのが優しいなと。 現地の本場の味は馴染みのない地域の人の口には中々合わないかと思いますが、それに近くても味わえるのは嬉しいかも。

2021/02/22

chatnoir

見開きで、左側お菓子のイラスト、右側作り方の文章...な本。ある程度お菓子作りに慣れていないと難しいかも。お菓のイラストも、ちょっと単調。でも、アフリカとか中南米とか見慣れないお菓子が多数載っていて、面白かった。

2021/03/17

Olga

『旅するパティシエの世界のおやつ』の著者、鈴木文さんによるレシピ集。パティシエなので、現地のものを再現するのではなく、日本で手に入りやすい材料で代用するなどして、日本人にも食べやすいように工夫されているとか。完成したお菓子は写真ではなく、4人のイラストレーターによるイラストで描かれている。写実的なイラストではなく、全体としてほんわかした印象。レシピの材料の書き順は少々わかりづらいかも。『旅するパティシエ〜』のほうがレシピはわかりやすかったかな……。

2021/03/05

sekimi

全部イラストなので、想像しにくくて、何か作る気が起きませんでした。 パティシエールが書いたなら尚のこと完成品載せて欲しかったかな。 あと、材料がきび砂糖って書いてあった時点で萎えてしまいました。 きび砂糖は商標なので、きび糖にしてほしかったです。 あと、151ページのPastel de Guayabaはパステル・デ・グアバヤって書いてありましたがグアヤバじゃないんでしょうか? スペイン語は詳しくないので確証ないけど。

2021/03/27

感想・レビューをもっと見る