読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影

モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影

モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影

作家
小林 哲生
天野 成昭
正高信男
出版社
NTT出版
発売日
2007-05-31
ISBN
9784757102163
amazonで購入する

モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

メルセ・ひすい

9. 05  「即時性」「モバイル性」「非干渉性」の3条件を同時に満たす環境とは、個人がコミュニケーションの主導権、管理権を掌握した状態をいみする。・・ ケータイやメールの登場は、どのような変化を人間にもたらしているか。首都圏・関西地区1000人規模を対象とした詳細な質問紙調査とその分析をもとに、心理学・人類学・社会学等の観点から、ケータイ文化の現在を考察する。

2007/07/04

ロンドン小林

地味ないい本です

2008/05/23

感想・レビューをもっと見る