読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

社会派くんがゆく! 怒濤編

社会派くんがゆく! 怒濤編

社会派くんがゆく! 怒濤編

作家
唐沢俊一
村崎百郎
出版社
アスペクト
発売日
2008-12-01
ISBN
9784757215979
amazonで購入する

社会派くんがゆく! 怒濤編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

澤水月

あのアキバ事件が取り上げられてはいるものの興味が薄そうだったのが意外(帝都物語に結んだ妄想は興味深かったが)。「正直言って最近、私も村崎さんも方向性をつかみかねている」との唐沢氏後書き…

2010/10/14

夏野

鬼畜2人の社会派時事対談。けっこう過激だが、それでいてときどきまっとうなこともいうので侮れない。

2009/10/10

永月莎夜(ながつきさや)

たった一年前なのに忘れてる事件とか多すぎるわ自分。

2009/09/10

辰城

人間に対して清廉潔白だから全面肯定とか、一つ過ちを犯したから全面否定だなんて短絡思考にもほどがあるってねー。

2009/01/28

roku7777

このシリーズもこれで最後。村崎が殺されてしまったのでもう読めないと思うと悲しい。唐沢はたまにとんでもないことを言っているけどそれでも、「これぐらい言うべき」なんだよ。

2021/02/11

感想・レビューをもっと見る