読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【CD・音声DL付】新装版 村上春樹ハイブ・リット

【CD・音声DL付】新装版 村上春樹ハイブ・リット

【CD・音声DL付】新装版 村上春樹ハイブ・リット

作家
村上春樹
ティム・オブライエン
レイモンド・カーヴァー
出版社
アルク
発売日
2020-02-18
ISBN
9784757433878
amazonで購入する

【CD・音声DL付】新装版 村上春樹ハイブ・リット / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

那由田 忠

オブライエン本人の朗読らしいけれど、私はそういう趣味がないのでパス。ただ、カーヴァーと春樹の短編は英語で読んだ。カーヴァーの文章はきわめて簡潔で容易な単語だけのもの。それでも、息子を失った夫婦の気持と、家にかかってくる電話への怒りが身に染みるほどわかる。そして、パン屋の淡々とした謝罪とさみしい身の上語り。美味しいパンがどん底に落ちた人々の気持をなぐさめる瞬間があるのだと思ってしまう。春樹の短編はやはりよくわからないが、離婚を決意する母親の気持が半分わかるような気はした。

2021/01/05

toddJPEN

柴田元幸さんの方が人気あるみたいだけど、僕自身はこっちの方が好みだった。読み易いし。2つ目のレイモンドカーヴァーの短編良いね。村上春樹自身が書いたレーダーホーゼンも初めて読んでハマった。

2020/06/15

感想・レビューをもっと見る