読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小説 キングダム ハーツ 358/2 Days Vol.1 The 14th (GAME NOVELS)

小説 キングダム ハーツ 358/2 Days Vol.1 The 14th (GAME NOVELS)

小説 キングダム ハーツ 358/2 Days Vol.1 The 14th (GAME NOVELS)

作家
金巻 ともこ
野村 哲也
野島一成
天野 シロ
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2009-09-30
ISBN
9784757526044
amazonで購入する

小説 キングダム ハーツ 358/2 Days Vol.1 The 14th (GAME NOVELS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

彼方

普段ノベルズ版は読まない私ですが、このシリーズだけは違います。ロクサス、アクセルファンは必読といってもいい。あ、COMとかIIとかはリクファンも必読です。っていうかこれクリアしてないんですよね、難しくて……。でもそんなこと関係ありません。まあやってないせいで何処までがゲームで描かれてた分なのかさっぱりなんですが、ロクサスやアクセルの変化が丁寧に描写されています。続きが楽しみです。

2009/10/25

れいと

ゲームと合わせて読むとゲームにはなかったことが分かって面白いかも。

2014/12/25

日奈月 侑子

再読です。 COMの話と同時に書き上げてくれているので、時間列が理解しやすくて嬉しかったです。何かもうこの物語のラストに待ち受けている事、更には2の展開を考えると既にもう何とも言えない心境です。アクセルとロクサスのやり取りを見ているととても胸が痛い…。地味に面倒見の良いアクセルが素敵です。正直忘却の城で初めて見た時は『何なんだろうこの人』と思いましたが、2や358/2Daysのストーリーをクリアした後だと思い入れが段違いです。COMサイドの話では、アクセル視点で物語が進められているので、思い入れ倍増し状態

Tatsuo Eguchi

KH好きなので。

2012/01/12

イチノ

ロクサスとアクセル、そして謎の14人目を中心とした、個人的に大好きなⅩⅢ機関の物語。ところどころにアクセル視点のCOMのエピソードが挟まれ、ゲームをやっていると「こことここが同じ時系列だったんだなー」と思い出しながら読めるが、初見だとちょっと混乱しそうだ。一巻目はシオンがキーブレードを扱えなくなり、ロクサスとペア行動を許されるところまで。ゲームと違ってロクサス以外の視点からも語られるので、こまごまとしたところが補完出来て嬉しい。どうでもいいけど裏表紙のイラストが絶妙にシュールだ。

2015/02/23

感想・レビューをもっと見る