読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)

黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)

黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)

作家
枢やな
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2011-02-26
ISBN
9784757531512
amazonで購入する

黒執事(11) (Gファンタジーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

あぁ・・・そうだろうとは思ってたんだけど!そうだったのか(笑)舞台裏で走り走り走りまくるセバスチャンに、ひたすら笑いを誘われるネタバレ編。女王陛下のシナリオに加えられた、それぞれの嫌がらせアドリブが可笑しかった。シエルのアドリブは容赦ナイですwそして、新たな章での合言葉「フェニックス!!」いや、もう、どうしたら~~~(爆)・・・救いのなかったサーカス編に、ここで救済措置?生き残ったスネークが、こんな形で物語に絡んできたのは素直に嬉しかった。シエルのついた優しい嘘は、スネークにとっての本当になるといいな。

2011/03/09

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

まさか、サーカス編がまだ続いていたとは思わなかったけど、ミステリのどんでん返しとしても良かったです。そして、物語は新展開の船上のゾンビ??

2011/09/10

645

先生は後のホームズ的な?よく分らなかったが事件の真相を唯一知る部外者という事だろう。シエルがこの殺人事件を演出した目的も明かされ色々と納得が行きました。以前のやり取りから想像出来ない女王陛下の冷酷な思惑。国を憂いての行動はそれ相応の意志を伴っている…少し怖いな。ファントムハイヴ家の立ち位置を改めて実感した。こういったダークさはこの漫画の世界観を広げますね。一方で、スネークの使用人入りという出来事もありましたが、唐突過ぎてどうなんだろう?次は…ゾンビものかい!?(笑)久しぶりの死神登場に胸が躍る新章開幕。

2013/08/22

和夜

ファントムハイヴ邸殺人事件答え合わせ。あんなシリアスシーンの裏側はこんなにもドタバタコメディだったなんて…。シリアスとは一体…。好き。スネークが仲間になり、豪華客船編へ。リジーが可愛い。普通に殺人事件が起きるのかと思ったけど、まさかのゾンビパニック系。あのメガネのお兄さん気になるなー。裏は黒グルメ。

2018/10/24

扉のこちら側

2016年354冊め。なるほど、幽鬼城殺人事件はこう終幕するのか。セバスチャンの実際の行動を見るとコメディ。従僕も増え。船旅へ。

2016/05/22

感想・レビューをもっと見る