読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カミヨミ(14) (Gファンタジーコミックススーパー)

カミヨミ(14) (Gファンタジーコミックススーパー)

カミヨミ(14) (Gファンタジーコミックススーパー)

作家
柴田亜美
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2011-09-27
ISBN
9784757533806
amazonで購入する

カミヨミ(14) (Gファンタジーコミックススーパー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

依茅

前巻に引き続き、飛天・八俣クローズアップ。アーミンの描く男どもはどうしてこんなに馬鹿でかっこいいのか。 「全員命はここに置いていけ」非情な言葉のに鬼と言いながら全員がついていく。大佐以下零部隊大好きです。 「大丈夫か?炎」にはげしく揺さぶられたのはジバクファンならわかってもらえるハズ!真と炎が一緒にいられる奇跡!と同時にまた現郎辛いなとかチャラがいるなら雹も(スクランブルに思いっきり出てましたが)とかもついつい思ってしまうんですよね。

2011/10/23

ふくぅ

物語終盤。 裏切り者や師匠の男気が読めて、ラストスパートの為、加速する物語。 少々、展開が早くて情報処理が大変でした。

2014/05/04

杜ZO

菊理ちゃんのヤンデレ化絶賛進行中。飛天坊・・・ありがとう・・・。こっそり瑠璃男がかっこよかったです。

2011/10/01

「軍人は死ぬのが務めだが、学者が生み出すのが勤めだ」という日明大佐の言葉が重い。八俣と飛天のそれぞれの想いが泣ける!アーミンの描く漢たちが大好き!

2011/10/09

bookish

仲間の裏切りがあきらかに

2011/10/01

感想・レビューをもっと見る