読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

グランネリエ(3) (Gファンタジーコミックス)

グランネリエ(3) (Gファンタジーコミックス)

グランネリエ(3) (Gファンタジーコミックス)

作家
宝井理人
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2018-11-27
ISBN
9784757559288
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

植物の種を体内に有する“保有者”の嫌疑で、グランネリエ本部に連行されたリュカ。リュカは特殊研究員・ニコラの思惑で、グランネリエの研究員だと身分を偽り、同じ部屋で暮らすことに…。一方、リュカを救いたいアベルは、反グランネリエ組織“アンセクト”に組するが、ある事件に巻き込まれ、命懸けの戦いの中にいた…。宝井理人による本格ファンタジー待望の第3巻!!

グランネリエ(3) (Gファンタジーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

やっぱり2人は戦うことになるんだろうな…これ見よがしに渡された死亡率の高い種、絶対飲むやつだw

2019/03/21

りあ

待ってた待ってた新刊。若干話忘れてそうでしたが読んでくうちに思い出す。表紙が今までと毛色が違って最初見つけられなかったんですが、期間が空いたせいかどうやら宝井さんの絵柄自体、少し変わったみたい。アンセクトサイドがメインのお話ですが私はグランネリエ側のジルがなんとも好きです。これは2巻から思ってたこと。次巻への繋ぎがなんともただならぬ雰囲気でもはや次が楽しみです。

2018/12/13

歩月るな

巻末の人物相関図、誰と誰がどんなやりとりを見せてくれるのか楽しみが募るやつ。リュカは処刑される設定なので新たにリュシアンと言う名前を得る。アンセクトの殲滅任務に赴くため、仲間たちとの顔合わせで次巻へ続く。と言うのがリュカの物語なのだけれど、今回はアベルのお話。彼の得意武器はクロスボウ。ロジェとの新たな関係性が注目、しかし盗賊との戦いとなり、孤軍奮闘しつつこちらも新たな仲間を得る展開に。ロジェとの合流なるか。話は淀みなく綺麗に流れていくからそれが逆に困る。待てば海路の日和あり、寝て待つことにいたしましょう。

2018/12/04

こころのかおり

久し振りすぎて、まるっきり話が分からなくなってた!なので1巻から再読。次巻、友人同士のふたりが敵対する組織の人間として出会うのかしら?グランネリエ側も新しいメンバー登場みたいで楽しみ。個人的にはアベルが出会った日本刀?のひとが気になるな。味方になるのかしら?

2018/12/17

arianrhod

出版されるのが待ち遠しい、私が秘かな楽しみにしている漫画。この徐々に謎が明かされファンタジーが広がっていく感じが好き。登場人物もごーっいハンサムさんばっかりだし。早く4巻でないかな♥

2018/12/06

感想・レビューをもっと見る