読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BADON (1) (ビッグガンガンコミックス)

BADON (1) (ビッグガンガンコミックス)

BADON (1) (ビッグガンガンコミックス)

作家
オノ・ナツメ
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2019-09-25
ISBN
9784757563193
amazonで購入する Kindle版を購入する

「BADON (1) (ビッグガンガンコミックス)」のおすすめレビュー

悪オジの色気にクラクラ…オノ・ナツメが新たに描くのは、前科者たちが始める「煙草屋」の物語

『BADON』(オノ・ナツメ/スクウェア・エニックス)

「ちょい悪オヤジ」というのは、もうすでに死語に近いのだろうか。過去に「枯れ専」という、おじさんばかり好きになる嗜好を指した言葉があったが、最近はすっかり使われなくなってしまった。しかし、歳を重ねた男性の醸し出す色気、それ自体は今も健在だろう(人によるかもしれないが…)。それが「悪い男」なら、なおさらである。

 2019年9月に発売されたオノ・ナツメ著『BADON』(スクウェア・エニックス)の第1巻は、そんな「悪い男」たちの色気を存分に堪能することができる作品だ。

 舞台は架空の街である、首都バードン。そこにとある前科者4人が集まった。

 詐欺罪で9年服役出所6カ月のリコ・ダイス氏、恐喝罪で3年服役出所1年のチーロ・ハート氏、強盗罪で11年服役出所2カ月のアント・ラズ氏、過失運転致死罪で6年服役出所1カ月のエルモ・クラップス氏。彼らはヤッカラ北刑務所で知り合い、出所後はともに「第二の人生」を送ろうと約束をした。

 第二の人生とは、首都で高級煙草店を開くことだ。彼らは無事出所し、首都への入区審査も通過し…

2019/11/24

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

BADON (1) (ビッグガンガンコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くたくた

ギャンブルの街ヤッカラで服役して出所した4人の男が、首都バードンで心機一転、高級煙草店を開く。場所はなんと菓子店ハチクマのビルの5階!薄氷みたいな幸せに、縁を切ったはずの過去が絡みついてくる不安感。どちらに転んでいくのか、心がザワザワする第一巻です。ガラスのように脆そうで、刃のように鋭いハートから目が離せません。「僕の仕事は本部局員の監査だし、君たちは管轄外さ」とかいうどこぞ副課長が絡んでこないかしら!

ずきん

ぐはあー!カッコいい! やっぱACCAもいくか♪

2019/12/14

しましまこ

ヤッカラの刑務所で出会った四人が、首都バードンで高級煙草店を開業。カッケー!今回はパンよりお菓子。ビル1階のお菓子屋さん『ハチクマ』の可愛いケーキと焼き菓子が堪らんです。白髪のハートさん推しで。

2019/09/29

毎日が日曜日

ム所帰りのタバコ屋の話。やっぱりオノナツメは面白い。

2019/09/28

まふぃん

大好きなACCAと同じ舞台設定。それだけでワクワクしますが、キャラもストーリーもヨーロッパ映画のようで格好いいです!

2019/10/02

感想・レビューをもっと見る