読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める(1) (ガンガンコミックス UP!)

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める(1) (ガンガンコミックス UP!)

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める(1) (ガンガンコミックス UP!)

作家
結城絡繰
國友翔太郎
白狼
出版社
スクウェア・エニックス
発売日
2020-11-07
ISBN
9784757569324
amazonで購入する Kindle版を購入する

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める(1) (ガンガンコミックス UP!) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

勇者とともに世界を救ったのに殺されてアンデッドになって復活。正当な処断だな。

2021/07/08

悠遠

魔王を倒し英雄と称えられた勇者と賢者はその力を恐れられ処刑される。しかし賢者は勇者の望みを叶えるため魔王になろうと決意する。 世界の平和を守るためにあえて世界の共通の敵となるための行動をとるのが…どうなるか、かなぁ。それって逆に終わりはあるのか?物語の進行によっては面白くもつまらなくもなるし。オチというか展開的には勇者が復活しないのは転生したからって感じになりそうな。

2022/04/24

もここ

復讐モノかと思ったら、それだけじゃないところが面白い。ロードス島のカーラみたいな感じ。悪として君臨することによって、無用な殺戮をせずに無駄な争いを抑えるというのは面白い。こういう世界に干渉する話は結局、大義が優先されるあまりに、無辜の命が奪われるんだよね。例えば王都にも勇者と賢者の死を悼む人もいただろうに、皆殺しにされているわけで。必要な犠牲、と割切ってるんだろうけど、葛藤する事があるのか、あっても描かれるのかどうか。その辺の有無が面白さの差になってくる。

2022/01/05

ダリア

勇者復讐譚。だが、勇者本人でなく勇者と共に居た賢者による復讐。単なる復讐ではなく世界のシステムに喧嘩を売っている感じかしら。女勇者が復活しないところも気になる。原作をチェックしてみよう。

2021/06/14

こける

勇者のその後、でよくあるタイプの一つかな。勇者本人ではなく従者が主人公なのは少し珍しい。復讐して、でその先に望むのが世界平和とは業が深い。先が楽しみだ。

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る