読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Adelaide×Malheureux-

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Adelaide×Malheureux-

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Adelaide×Malheureux-

作家
PEACH-PIT
出版社
一迅社
発売日
2012-12-27
ISBN
9784758012942
amazonで購入する

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Adelaide×Malheureux- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紅羽

漫画、小説、ドラマCDと一冊に様々な角度から楽しめます。この巻ではアディとルルーの過去が中心で、この後の覇権争いがどうなるのか楽しみです。

2015/06/25

T.Y.

吸血鬼達の住む地ドラクリヤは今、四つの国に分かれて覇権を争っていた。四つの国の女王達の内、この巻ではアデレイドとマルゥル・ルルーがメインで描かれる。幼馴染だった二人だが、今や対立する立場にあり…。漫画メインで短編小説とドラマCDをも組み合わせ、一連の話をドラマCDと漫画に振り分けたりもしているマルチメディア作品だが、内容的にはほぼ彼女達の個人的な付き合いと会見の場面のみ。今後に壮大な物語を期待できるなら良いが。

2014/04/24

葉鳥

同人の商業化作品。最初は少々高いかなと思っていたのですが、漫画、小説、音声劇と様々な方面から楽しめたので満足です。今回はアディとルルー・ルーの幼少時代のエピソードを中心に展開。次巻、物語がどのように進んでいくか楽しみです。キィラ・キリルの双子姉妹とウルベルタの活躍にも期待!

2012/12/30

あおいたくと@灯れ松明の火

正直薄いのにやや高いなと思いながら購入。でもローゼンで堪能している洋風乙女の雰囲気がここでも出まくってるなぁとひしひし。ルルーはカラーに騙されるうん。

2012/12/28

なっけー

同人の商業化らしいけど…楽しんで描いてるなぁって印象。 YJローゼンよりもキャラが生き生きしてて個人的には楽しめた。 お値段下げてくれればありがたいかなww

2012/12/29

感想・レビューをもっと見る