読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Kira&Kirill×Ulberta-

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Kira&Kirill×Ulberta-

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Kira&Kirill×Ulberta-

作家
PEACH-PIT
出版社
一迅社
発売日
2013-08-01
ISBN
9784758013314
amazonで購入する

暁のヴァンピレス 前奏曲-side Kira&Kirill×Ulberta- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

葉鳥

前奏曲第2巻。今回はウルベルタと双子がメイン。ウルベルタの健気さが可愛い!そして不思議な双子ちゃん。プロローグだけあって気になること満載でした。ドラマCDはみなさん声が可愛らしくて素敵でした。羊使いのなぞなぞは聞いたことあるけど答えはもう覚えてないです…。気になる!!今後の展開に期待です。ノベライズも期待。

2013/12/15

T.Y.

今回は獣血鬼のウルベルタと、双子の女王キィラとキリルがメイン。クーデターでオルト大公国を建国する以前のウルベルタの夢に現れ、過去や未来の様子を見せる双子。後半の漫画とドラマCDは『side Adelaide×Malheureux』から1年後、オルト大公国が初のホストとなっての紅涙の宴が舞台で、双子が他3人の女王達を尋ねて謎かけをして回る。双子の不思議な能力を通して将来の歴史の動きまですでに決まっていることを仄めかすが、内容は相変わらず彼女達の個人的な会話がほとんど。

2014/04/24

ひかる

ウルベルタさんが可愛い。なかなかお話そのものはヘビー。今後の展開に期待。

2013/08/14

あおいたくと@灯れ松明の火

赤に続き。というか赤を引っ越し先に持っていていない可能性が高いので、取りに行きたい・・・。今回は表紙の三人がメイン。ウルベルタ推しとしてはとても嬉しい。キィラ&キリルは、重い。みんなの背景が見えた中、これからどうなっていくのか気になる。冬には・・・!?も、必見すぎる(ごくり)

2013/08/05

感想・レビューをもっと見る