読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆるゆり (10) 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)

ゆるゆり (10) 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)

ゆるゆり (10) 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)

作家
なもり
出版社
一迅社
発売日
2013-06-01
ISBN
9784758072526
amazonで購入する

ゆるゆり (10) 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

メロリン@5月は再読強化キャンペーン!

10巻はいつも通りにごらく部の話を中心に描かれていて、巻を重ねても内容はゆるいままで肩の力を抜いてまったりと楽しめました。10.5巻は七森中のメンバーの姉妹(親戚)達がメインといってもいい内容でしたね。普段見られない絡みが数多く見れてとても満足しています。

2013/06/21

あなほりふくろう

安定のゆるゆり感。がっつり盛り上がるでもなく、ダウナーになるでもなく、この通常営業っぷりがとても嬉しい。結衣と綾乃の、ダジャレの掛け合いや「姉妹のやりとり」に見え隠れする、お互いに距離感の掴み切れないもどかしさが妙にツボにはまった。ていうか萌えた。10.5巻は七森中以外の面々がメインで、初っ端からあかねさんがトバしてたw あかねさんのあかり愛をもっと見たかったので、あかねxともこ回も含めてこれは満足。多分製版時のデータが荒いんだろうってのが気になるけど、単品で金とっていいってレベルの内容だった。

2013/06/01

トミーリョ

10.5巻が充実の内容で大満足だが、普通ににバラで売っても良かったんじゃとも思わなくもない。結衣と綾乃のダジャレネタは一見バカバカしい話だが、二人の大人びたキャライメージと中学生の典型的バカ行動のギャップで萌を演出しつつ、京子を介して繋がる二人の曖昧な距離感を描いていると思えば結構高度なエピソードのようにも。それはともかく、中学時代、ダジャレ連発しすぎて女子に腹パンくらった自分としては、この二人は天使以外の何者でもない。

2013/06/29

yukkirin

チナッツ光! 今回はクモが主役かな。

2013/06/02

_mogura19

特典の赤座姉妹の見どころが多すぎて死にそうになった。本編の方はダジャレがすごいことにwww 

2013/08/13

感想・レビューをもっと見る