読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新宿もののけ図書館利用案内2 (メゾン文庫)

新宿もののけ図書館利用案内2 (メゾン文庫)

新宿もののけ図書館利用案内2 (メゾン文庫)

作家
峰守ひろかず
Laruha
出版社
一迅社
発売日
2020-02-10
ISBN
9784758092449
amazonで購入する Kindle版を購入する

新宿もののけ図書館利用案内2 (メゾン文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

妖怪的な伏線(?)がすべて回収される終盤の展開が気持ちよかった。アニメのラスボス退治的なスケール。長いシリーズになってほしい。

2020/02/28

よっち

夏を迎えた『新宿本姫図書館』に女に化けるのが上手い化狸の一族の少年・市谷左内坂リシヤが現れ、誰にも知られないように、拾った不思議な石のことを調べたいと依頼する第二弾。リシヤ少年が拾った不思議な石の正体、和装美女の於戸姫のナンパを断るための和歌調べ、子供に優しい産女も登場、読み聞かせに訪れる子供の正体など、それぞれのエピソードが最終的にひとつの物語として繋がっていて、思ってもみなかった展開には驚かされましたが、何だかんだでこれまでの本姫図書館での積み重ねが評価されているのを感じる結末はなかなか良かったです。

2020/03/23

さくさくと♪龍って、へ〜(@_@)化け猫の街に迷い込んでみたいわ。ネコになりたいって気持ち、少し分かるかも(^o^)

2020/03/19

にゃうぴょん

面白かったです。第五話ではそこまでの登場人物や伏線が一気に回収され、蛇抜けの被害を抑える事ができスッキリしました。カイルさんと化け猫街をのぞいてみたい気がします。続編希望です。

2020/08/27

綾乃

シリーズ2冊目。 夏を迎えた新宿本姫図書館には、化狸の少年リシヤ、和装美女の於戸姫、子供に優しい産女が訪れる。 利用者の希望を叶えるため奮闘するカイルと詩織はレファレンス以外にオススメ本のコーナの新設や絵本の読み聞かせなど、利用者に寄り添うあまり、龍の少年を巡って、本姫との行き違いからカイルが図書館を辞めるなどの問題もあったが、無事に蛇抜けを手助けしまた本姫図書館に戻った2人。 今後も利用者の心に寄り添った司書で居てくれるだろう終わり方だった。 猫好きとしては、「化け猫街」に行ってみたい(笑)

2020/06/21

感想・レビューをもっと見る