読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パラレルワールド

パラレルワールド

パラレルワールド

作家
小林泰三
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-07-12
ISBN
9784758413275
amazonで購入する

パラレルワールド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

小林泰三さん初読み扱い(アンソロジーの短編を読んだだけなので)。まず、パラレルワールドの切り口が今までにないセンスで目新しさを感じ、その構造を理解するのが楽しかった。また、第二部で登場のサイコ野郎が憎々しくて、恐怖感を煽られてゾクゾクした。6歳児・ヒロくんと父、母が健気に頑張る姿もハラハラしながら応援できるし、SFの仕掛けを巧みにサスペンスとして昇華している筆力も見事だった。災害で辛い想いをしている人たちへの愛が伝わってくる温かみある作品だし、改めて家族&夫婦の形を考えさせられ、深みあるエンタメだった👍

2019/01/15

モルク

大雨と地震そしてダム決壊による洪水に巻き込まれた一家。父親が亡くなり母親とともに生きる世界と、母親が亡くなり父と生きる世界、夫婦はお互いが見えず話もできないが、6才の息子ヒロくんはこの2つの世界を繋ぐ。第二部ではヒロくんと同じ能力を持つ戸倉が登場し、2つの世界の微妙なタイムラグを使い悪事を働く。ヒロくんにそれを知られた戸倉は…結構グロくドキドキする。最後にヒロくんの選んだ世界、それは少し切なかった。

2019/08/07

あも

災害に遭い、父だけが死んだ世界と母だけが死んだ世界。二つを繋ぎ互いの言葉を伝える5歳のヒロ君。というと、乙一の某短編を彷彿とさせるが、そこはヤスミン。さすが理系脳。2部ではパラレルワールドの特性を活かした展開が一家を襲う。ここ最近のヤスミンはいよいよ円熟期かと思える良作揃い。中でも本書の一般受け度はダントツかもしれない。ヤス民的には癖のなさがやや物足りなくもあるが…。乙一の様に設定を使いこなし、伊坂の様に軽快に敵に立ち向かい、マイジョーの様に物語に祈りを込める。ただただシンプルにこれに尽きる。面白かった!

2018/07/27

おかだ

それなりに楽しんだ。序盤の吸引力が凄い。災害をきっかけに、二つの世界を股にかけることになったヒロくん。父が死に母が生きている世界と、母が死に父が生きている世界。前半はこの家族を襲う悲劇や数奇な運命に惹き込まれ、まさか小林泰三がこのまま号泣必至の切ないファンタジー路線かよと思ったけど違った。やっぱり小林泰三だったなって第二部からなんか安心(?)した。個性強めのキャラが出てきて思ってた方向と違う場所に引っ張ってかれる感じ。終盤は安定のヤスミン節。でもヒロくんの出した結論は切なくて、独特の余韻を味わった。

2019/02/28

じゃがー

初ヤスミン。ハラハラ・ドキドキ後じんわりほっこり。第一部ではパラレルワールドを舞台にした家族愛のドラマかと思いきや、第二部から不穏な空気が漂い出す。まだ5歳のヒロ君が離れ離れになったパパとママの力を借りて殺人鬼に立ち向かう奇想天外な物語だが、筆者が張り巡らせた仕掛けに心地よく絡め取られて最後まで楽しめた。緊張感あふれる対決を乗り越えたあとの切なくも粋なエピローグは秀逸。殺人鬼の受ける報いの描写とのギャップに戸惑うが、読友さんの話を総合するとこちらが本来のヤスミンなのだろうか。次に読む作品にちょっと悩む。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る