読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

散歩するネコ れんげ荘物語

散歩するネコ れんげ荘物語

散歩するネコ れんげ荘物語

作家
群ようこ
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-01-11
ISBN
9784758413312
amazonで購入する

散歩するネコ れんげ荘物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

『れんげ荘』シリーズ第4弾です。「キョウコ」のノンビリライフはより安定感?を増して、「クマガイ」さんや「チユキ」さんと他愛もない会話を楽しみながら、楽しく暮らしているようです。今作は自称?'旅人'で『れんげ荘』の住人でもあった、ちょっと変わった「コナツ」さんとのやりとりを中心に描かれています。'人生なんとかなるさ'精神でひたすら楽観的?に生きる彼女のライフスタイルに疑問を感じずにはいられない「キョウコ」さんの苦悩?ぶりがちょっとリアルに描かれていて、今の世の中こういう方が少なくないんだなぁと感じました。

2019/10/13

美登利

私は今長い休暇中なので少しはこの主人公のキョウコさんと似たような生活をしているのだけど。暇だ、暇すぎる。今日まではあまり動いたりしていられなかったせいもあるから尚更だった。でもおかげで今回はキョウコさんに対して腹が立たなかった気がする。気の合わない母から開放された立場になったキョウコさんに良かったねと感じた。兄と義姉は本当に優しい人で恵まれている。これまでは50代、独身、健康ならば働くのは当たり前!と憤慨したりもしたけれど。妹のようなコナツさんの未来を想像するとまたモヤモヤしてしまうな次作も(苦笑)

2019/02/06

どぶねずみ

自分が今、正社員で勤めていられる安心感がある反面、現実問題は無理なんだが、キョウコさんのように45歳で退職をしてから無職を貫き通すという暮らしにも憧れる。時々運動をして、家庭菜園で半自給自足をし、花を植えて眺めながら、ぶっちゃんみたいな猫とゴロゴロしながら、読書をする日常に憧れる。そういうと、自分も18歳からずっと成長していない大人なのかな。

2019/08/16

itico

会社を自らの意思でリタイヤし、節約しながら気儘に暮らす。それもまた人生だろう。しかしひとり暮らしと言っても誰にも関わらず生きて行ける訳もなく、家族やご近所さんのことなどキョウコを悩ます問題は勝手にやってくる。他人事とは思えなくていささか親身になり過ぎちゃったな。そんな中で猫の「ぶっちゃん」との交流に心が和んだ。まるで恋人を想うように身もだえするキョウコが可愛らしい。まだまだひと波乱ありそうな終わり方にちょっと胸騒ぎがするけれど、さて次はどうなることやら。

2019/02/15

はつばあば

キョウコさんの月10万の生活は年金生活と同じ位。国民年金だともっと少ない。故に自分の貯金を実母に回す事は到底できない。お一人様の老後がキツイって群さんも察しておられるのか、クマガイさんと重なって見える生き方を本書で学ばせてもらっている。若い内は体力もエネルギーも弾ける勢い。なんでもOK!ドンと来い!がお雛様一つ飾ることができない。断捨離したくても・・溜め過ぎた私が悪い(苦笑)。ぶっちゃんの存在同様、責任なくフワフワと暮らせたら言う事ないのだが人生そう甘くない。後期高齢者に近づく私、れんげ荘は続いて欲しい

2021/03/02

感想・レビューをもっと見る