読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サーカスが燃えた

サーカスが燃えた

サーカスが燃えた

作家
佐々木譲
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-06-15
ISBN
9784758413527
amazonで購入する

サーカスが燃えた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

佐々木 譲は、新作中心に読んでいる作家です。著者初の絵本ということで読みました。サーカスの雰囲気、絵もストーリーも好いのですが、本のサイズが小さい(A5判)のが玉に瑕です。中々書店で見つかりませんでした。角川春樹事務所というのも解せない。

2020/06/17

hundredpink

子供時代の終わり

2021/02/14

☆よいこ

小さめサイズの絵本。声に出して読むとリズムが心地いい、約5分▽あたしは、夏になるとやってくるサーカスが大好きで、父さんにねだって連れて行ってもらった。馬の曲乗り、空中ブランコ、つなわたり…夢みたいな時間を過ごしていると、煙が立ち込めてきてテントは大混乱。炎の中、ゾウが水をまき、ブランコ乗りがサーカスの少女を助け出す。あたしも父さんの手からおじさんに投げ渡され、テントの外に逃げ出す。父さんの背中で、サーカスのテントが焼け落ちるのを見た。▽きれいで幻想的なサーカスの物語。大人向けでも可

2020/11/06

kei302

火が迫ってくる様子や現場(?)の臨場感はさすがです。手だけのページはハラハラしました。文字数が少ないのに、テントの中の恐怖が伝わってきます。「サーカスがくる やってくる まちのひろばには この夏もサーカスがくる やってくる」 サーカスという非日常、幻の世界は消えてしまった。もう、あのころには戻れない。幕末ものとSFテイストが含まれた作品以外は全て読んでる(と思う)佐々木作品。初の絵本。

2020/07/12

anne@灯れ松明の火

最近、一般書の作家さんの絵本が増えている。「警察小説の第一人者・佐々木譲、初の絵本」ということで、一体どんな絵本なのだろう?と読んでみた。佐々木さん、初読みだが、ドラマは沢山観ていた。サーカス、火事、子どもの成長。あまりつながらないワードから絵本を創り出すとは面白い。すべての文章が音数とリズムにこだわり、歌っているような、はずんでいるような感じ。リアルの話らしいのに、ファンタジックな世界だった。中島梨絵さんの絵はとても美しく、見とれてしまう。手だけのシーンが印象的だった。 #NetGalleyJP

2020/06/15

感想・レビューをもっと見る